株式会社デジタル・フロンティア-Digital Frontier

Header

Main

“想像したものは、ビジュアル化できる”
土井 淳

Atsushi
DOI

Atsushi
DOI

●プロフィール:
1973年広島県生まれ。リアリティを追求した作品作りを得意とする。代表作は「アイアムアヒーロー」、「biohazard DAMNATION」。

自分の強みと今後手掛けたい作品について

フォトリアルなVFX、ホラー、クリーチャー系のVFXの映画に最近は数多く携わっているので、リアリティを追求した作品作りに自信はあります。想像したものはビジュアル化できる・・・これが、今の仕事に対するこだわりです。
日本にはなかなかない、本格的なSF作品を作りたい。その中に、日本の美を盛り込んでいけるとすばらしい作品になると思います。そして、日本のVFXを世界基準、それ以上のものになるように引き上げていきたいと思っています。

携わった作品で最も記憶に残っているもの

「アイアムアヒーロー」。日韓共同作品なので、撮影環境、特撮、特殊メイクなどなど、刺激を受けることが多い作品でした。CGを主張させることなく、生身の人間と、特殊メイク・CGとが融合でき、自分にとっても挑戦できた作品だったことも大きいと思います。
また、「太陽」との並行作業で、東京で「アイアムアヒーロー」の仕上げを行いつつ、秩父に撮影に行って、朝、東京に戻ってきて「アイアムアヒーロー」の仕上げをして・・・を繰り返すこともあり、大変な時期でしたが、仕上がりもよく強く記憶に残っています。

CAREER PATH キャリアパス

  1. 1997年キャリアスタート

    株式会社TYO のCG部署である、デジタル・フロンティアに参加。さまざまな案件でCGデザイナーとしての経験を積む。

  2. 2000年4年目

    CGデザイナーとしての実績を買われ、ディレクターに就任。

  3. 2001年5年目

    ゲーム「MAXIMO」のCGムービーのディレクションが、デジタル・フロンティア法人化後のディレクターデビューとなる。

  4. 2005年9年目

    映画「東京ゾンビ」にCGディレクターとして参加。ゾンビ映画のVFXを初めて手掛ける。

  5. 2006年10年目

    映画「デスノート」および「デスノート the Last name」のCGディレクターを務め、死神との長い付き合いが始まる。

  6. 2008年 2012年12,16年目

    フル3DCG映画「biohazard DEGENERATION」および「biohazard DAMNATION」にて再びゾンビを演出。

  7. 2015年19年目

    テレビドラマ版「デスノート」で死神と再会。

  8. 2016年20年目~現在

    映画「アイアムアヒーロー」でハイクオリティなゾンビを、映画「デスノート Light up the NEW world」にて新たな死神を手掛ける。

プライベートの過ごし方

土井 淳 ベランダで家庭菜園を始めました。オリーブの実がまだ実ってくれません…。
写真を撮るのが趣味なので、ぶらっと出掛けて写真を撮ったり、千駄木に住んでいるので、谷根千散歩しながら猫を追いかけています。

人生を変えた作品

「機動戦士ガンダム」。子供ながら涙したアニメです。ガンプラにはまった小学生の夏でした。「信長の野望」。小学生のときに、家に初めて来たパソコンで買ってもらったゲームです。異常にのめりこんでいました。このゲームで、歴史も、グラフィックも好きになりました。「スター・ウォーズ エピソード4・5・6」。小学生のときに、劇場で三部作を観ました。衝撃的な感動と、世界観を変えてくれた作品です。そして、ブルーバックスの相対性理論関連の本。高校1年生の自分に、宇宙、物理学に興味を持たせてくれた書籍です。