株式会社デジタル・フロンティア-Digital Frontier

Header

Main

“「物語」のあるものを、作っていきたい”
池田 正憲

Masanori
IKEDA

Masanori
IKEDA

●プロフィール:
1973年神奈川県育ち。遊技機案件を中心にディレクターとして活躍中。

得意とするジャンル

フルCGです。
そして「ちょっと変わったもの」でしょうか…。
助っ人としても「どうやって作るのかよく分からない曖昧なもの」を任されることが多いです。

今後手掛けたい作品について

「物語」のあるもの。
SFかなぁ…。
エンターテイメントとしてお客さんに喜んでもらえるものを作っていきたいです。

Filmography フィルモグラフィ

  • スポーツ系ムービー
    (2016年)
    遊技機
  • アクション系ムービー
    (2011年)
    遊技機

CAREER PATH キャリアパス

  1. 1996年キャリアスタート

    キャリアスタート。CG制作会社2社でCGデザイナーとしての経験を積む。

  2. 2002年7年目

    デジタル・フロンティア入社。映画「ぼのぼの クモモの木のこと」にCGデザイナーとして参加。

  3. 2004年9年目

    CGディレクターとしてゲーム「City of Heros」のオープニングムービーを手掛ける。

  4. 2006年11年目

    ゲーム「GUILD WARS FACTIONS」のオープニングムービーを手掛ける。

  5. 2008年13年目

    映画「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」にCGディレクターとして参加。

  6. 2011年16年目~現在

    数年デジタル・フロンティアを離れた後、アクション系遊技機案件で同社復帰。その後も、主に遊技機案件のCGディレクターとして活躍中。

プライベートの過ごし方

池田 正憲 ときどきバイクでどこかに出かけます。
ギターを弾いたり、DVDを観たり、映画を観に出かけたりしています。

人生を変えた作品

幼稚園の時、買ってもらった「図解戦車(学研のX(エックス)図鑑)」。「働く車」を書くときに、戦車を書いていました。
「大和と武蔵―日本海軍が誇る超戦艦」は小学1年の頃。近所の人にもらったので読み、ハマっていました。
そして、「アップルシード」。中学1年の時に読んで、オタクの道へ進み始めることになります。