株式会社デジタル・フロンティア-Digital Frontier

Header

Main

“クオリティのためなら、あきらめない”
古池 悠登

Yuto
KOIKE

Yuto
KOIKE

●プロフィール:
HAL名古屋出身。2015年入社。主にキャラクターやBGのライティングを担当し、コンポジットをするための素材を完成させる。

この仕事を選んだきっかけと仕事のやりがい

高校生のとき、とあるゲームのPVでとてもハイエンドなCG映像を見て、CGに興味を持ちました。ハイクオリティのCG映像を作りたいというのが、デジタル・フロンティアに入社した理由です。
現在は、主にキャラクターやBGのライティングをしています。コンポジットをするための素材を出すところまでがメインの仕事です。ライティングの工程はとても重要で、作品全体のクオリティを大きく左右していると思っています。見た目に大きくかかわる分、やりがいを感じます。

携わった作品で最も記憶に残っているもの

かかわらせていただいたどの作品も思い出深いですが、強いて言えばドラマ「デスノート」です。
初めてデザイナーとして名前を載せていただいた作品ですし、製作面では、現場に出て、CGを合成するための素材作りに動き回ったり、新しいツールの検証をしたりと、とても勉強になりました。

デジタル・フロンティアはどんな会社?

自分のがんばりをちゃんと評価してもらえますし、それが仕事にしっかりと生かせます。
ハイクオリティな作品を手がけることができるのも、やはりいいところです。

Time schedule
of one day
ある日のタイムスケジュール
【繁忙期】

  1. 10:00

    出社
    メールやレンダー状況のチェック

  2. 11:00

    実作業開始

  3. 14:00

    同期や先輩方と昼食

  4. 18:00

    ディレクターチェック

  5. 19:00

    チェックバックでの修正作業

  6. 21:00

    退社

Time schedule
of one day
ある日のタイムスケジュール
【繁忙期以外】

  1. 10:30

    出社
    メールやレンダー状況のチェック

  2. 11:00

    実作業開始

  3. 14:00

    同期や先輩方と昼食

  4. 17:00

    ディレクターチェック

  5. 18:00

    チェックバックでの修正作業

  6. 19:00

    退社
    友人と渋谷で食事

プライベートの過ごし方

古池 悠登 休日は、友人らとドライブへいったりキャンプなどのレジャーを楽しみます。普段は空調の効いた室内でPCと向かい合っているので、外に出て太陽の光を浴びることはとても気持ちよく感じます。また、平日の仕事終わりには映画を見たりして過ごすことも多いです。

人生を変えた作品

「パシフィック・リム」です。CGの質の高さ、迫力、演出。当時の私には言葉では表せないほどの感動がありました。シンプルな設定の話だと思いましたが、 映像の凄さだけでここまで感動した作品は初めてだったと思います。そんなCGをやってみたいと思い、この業界に足を踏み入れました。