株式会社デジタル・フロンティア-Digital Frontier

Header

Main

沿革

1994年 9月 (株)TYO映像事業室、新セクションとしてデジタル・フロンティア設置
1997年 4月 デジタル・フロンティア代官山に移転
2000年 5月 (株)TYOの子会社として(株)デジタル・フロンティア設立(資本金2,000万円)
2003年 5月
  • ・本社を目黒へ移転(代官山も代官山オフィスとして存続)
  • ・モーションキャプチャースタジオを目黒本社へ開設
2005年 12月 ・アジア最大規模のモーションキャプチャースタジオ「オパキス」をお台場に開設
(目黒スタジオは閉鎖)
2006年 4月 有限会社さるちんを子会社化により株式会社さるちんへ商号変更(出資比率:80%)
株式会社GEMBA設立(出資比率:85%)
2007年 1月 フェイシャル専用モーションキャプチャースタジオを開設
6月 目黒本社を代官山オフィス所在地へ移転・統合
2008年 8月 資本金を31,458千円へ増資
2009年 10月 株式会社さるちんを吸収合併
2010年 4月 親会社が株式会社ティー・ワイ・オーからフィールズ株式会社へ異動
2011年 7月 台湾・台北市内にCGプロダクション会社、集拓聖域股份有限公司を設立(出資比率:85%)
2011年 10月 デジタル・フロンティア(本社)渋谷区桜丘町に移転
2011年 12月 マレーシアにおけるCGプロダクション会社、Fly Studioを子会社化(出資比率:79%)
2013年 5月 株式取得により集拓聖域(台湾)完全子会社化
2015年 1月 大阪事務所 新設

受賞歴

2000年 7月 ゲームムービー『アートカミオン芸術伝』SIGGRAPH 2000 Electonic Theater入選
2001年 7月 TV-CM『Wing』SIGGRAPH 2001 Animation Theaters入選
2002年 8月 映画『ぼのぼの~クモモの木のこと~』
東京都知事推奨、文部科学省選定、文化庁メディア芸術祭審査員推薦賞
2004年 5月 六本木ヒルズイベント映像『TOKYO SCANNER』国際広告賞The One Show One Show Interactive 2004 銅賞受賞
2005年 4月 映画『APPLESEED』が日本映画テレビ技術協会による「第4回(2004年度)映像技術賞」CG技術賞受賞
2011年 8月 ゲームムービー『鉄拳 タッグトーナメント2』SIGGRAPH 2011 Computer Animation Festival入選
2012年 7月 映画『おおかみこどもの雨と雪』SIGGRAPH 2013 Computer Animation Festival Daytime Selects入選
8月 映画『鉄拳ブラッド・ベンジェンス』SIGGRAPH 2012 Computer Animation Festival入選
10月 映画『鉄拳ブラッド・ベンジェンス』ルミエール・ジャンパン・アワード映画部門受賞
2013年 2月 映画『鉄拳ブラッド・ベンジェンス』4th Annual 3D Creative Arts Awards INTERNATIONAL JURY PRIZE受賞
4月 映画『旅立ちの島唄~十五の春~』Asia Pacific Screen Awards 2013 Best Children’s Feature Film (児童映画賞)ノミネート
2014年 12月 Panasonic 4Kプロモーション映像『リベラシオン』 4Kグッドプラクティスアワード2014受賞
2015年 1月 Panasonic 4Kプロモーション映像『リベラシオン』 International 3D & Advanced Imaging Society Best “4K Advertising”2015受賞
2月 映画『青鬼』 ポルト国際映画祭コンペティション部門ノミネート
10月 映画『アイアムアヒーロー』 第48回シッチェス・カタロニア国際映画祭観客賞、最優秀特殊効果賞受賞
2016年 3月 映画『アイアムアヒーロー』 第36回ポルト国際映画祭観客賞、オリエンタルエキスプレス特別賞及びサウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)ミッドナイターズ部門・観客賞受賞
4月 映画『アイアムアヒーロー』 第34回ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭グランプリ受賞
9月 フル3DCG映画『GANTZ:O』 第73回ヴェネチア国際映画祭アウト・オブ・コンペティション部門出品
12月 第2回CGWORLD AWARDS 「大賞」(株式会社デジタル・フロンティア)、「作品賞:CGアニメ部門」(『GANTZ:O』)ダブル受賞