株式会社デジタル・フロンティア-Digital Frontier

Header

Main

NEWS

2024

Information

2024/5/17

物語型Vtuberプロジェクト『cage』 フォロー&リポストキャンペーンのお知らせ

現在好評配信中の物語型Vtuberプロジェクト『cage』から、X(Twitter)のフォロー&リポストキャンペーンのお知らせです!
X(Twitter)で、@Digitaldoll_pj をフォローの上、対象ポストをRP(リポスト)で、オリジナル特製QUOカード500円分を抽選で10名様にプレゼントいたします。



応募方法
①X(Twitter)で、@Digitaldoll_pj をフォロー
②対象ポストをRP(リポスト)

応募期限は、2024/5/31 23:59 まで
当選者には、後日DMにて当選の旨をご連絡いたします。

ご応募の際は、下記の応募規約にご同意の上ご応募ください。

※応募規約※
本応募規約は、株式会社デジタル・フロンティア(以下「当社」といいます)が企画・実施する「Digital Doll Project - cage」(以下「本プロジェクト」といいます)での「フォロー&リポストキャンペーン」(以下「本キャンペーン」といいます)に適用されます。ご応募いただく前に、本応募規約をよくお読みください。本キャンペーンへのご応募をもって、応募者は本応募規約に同意したものとみなします。

1. 応募期間
2024年5月17日(金)19時00分 ~ 2024年5月31日(金)23時59分

2. プレゼント内容
本キャンペーンにご応募いただいた方の中から、抽選で10名様に以下をプレゼントいたします。
オリジナル特製QUOカード 500円分

3. 応募方法
①X(Twitter)から、本プロジェクト公式アカウント「@DigitalDoll_PJ」をフォローしてください
公式アカウント:https://twitter.com/DigitalDoll_PJ
※非公開アカウントですと抽選対象外となりますのでご注意ください

②本キャンペーンの対象ポストをリポストしてください。
対象ポスト:https://x.com/DigitalDoll_PJ/status/1791408318449152465
※「引用リポスト」はご応募とみなされません

なお、以下のいずれかに該当する場合は、ご当選が無効となりますのでご注意ください。
・当選通知前に本プロジェクト公式アカウント「@DigitalDoll_PJ」のフォローを外された場合
・本キャンペーンのポストをリポストいただいたTwitter(X)アカウントのIDを照会できない場合(期間中にIDの変更を行われますと、照会できない場合がございます)
・プレゼント発送前にリポストを取り消された場合
・プレゼント発送前にアカウントが削除されている場合
・プレゼント発送前に非公開のアカウント、またはダイレクトメッセージ(以下、「DM」といいます)を受け取れない設定にされている場合

4. 応募資格
以下の応募資格を満たす方は、どなたでもご応募いただくことができます。

Twitter(X)アカウントを保有していること。
Twitter(X)アカウントを公開に設定していること。
本プロジェクト公式アカウント「@DigitalDoll_PJ」をフォローしていること。
本プロジェクト公式アカウント「@DigitalDoll_PJ」の本キャンペーン投稿を、応募期間内にリポストしていること。
日本国内に在住であり、プレゼントの発送先が日本国内であること。
本応募規約のすべての条件に同意いただけること。
未成年者の場合は、親権者の同意を得ていること。
円谷フィールズホールディングス株式会社グループ社員、その家族または本キャンペーンの関係者ではないこと。

5. 抽選・当選発表
当社は、厳正なる抽選のうえ当選者を決定いたします。
当選者には、2024年6月7日以降、応募時に使用されたTwitter(X)アカウントに対し、当選通知がDMにて送信いたします。
当選された方は、DMの内容をご確認のうえ、必要事項をDMにてご返信ください。
当選通知の送信後、DMに記載された期日までに必要事項が返信されない場合は、当選が無効となる場合があります。

本プロジェクト公式アカウントのDMは本キャンペーンの当選通知のために開放いたします。抽選方法や当選、プレゼントに関するお問合せは受け付けておりませんので、ご了承ください。
当選の権利及びプレゼントは、第三者へ譲渡・換金・転売・その他処分行為等をすることが一切できません。また、オークションなどへの出品もご遠慮ください。

6.発送
プレゼントは、2024年6月20日以降に順次発送させていただきます。
やむを得ない事情によりご連絡や発送が遅れる場合もございますので、あらかじめご了承ください。

7. 注意事項
本キャンペーンは、プレゼントの内容を含め、予告なく変更・中止・終了することがあります。また、本応募規約は予告なく変更することがあります。これらの変更・中止・終了により生じた損害について、当社に帰責事由がある場合を除き、当社は一切の責任を負いません。
本キャンペーン及び本応募規約の変更・中止・終了の効力は、本プロジェクト公式アカウント「@DigitalDoll_PJ」に本キャンペーンの変更・中止・終了のご案内を掲載した時点または変更後の本応募規約を掲載した時点で全ての応募者に生じるものとします。
本キャンペーンへのご応募によるトラブル・損害(直接、間接の損害を問わず)が発生したとしても、当社に帰責事由がある場合を除き、当社は一切の責任を負いません。
本キャンペーンへのご応募に関連して生ずるインターネット接続料及び通信料は、応募者のご負担となります。
本キャンペーンについての投稿を含む応募者のTwitter(X)上での投稿内容やこれに関わる応募者と第三者との間に生じたトラブルについて、当社は一切の責任を負いません。
本キャンペーンへのご応募に関連して応募者と第三者との間に紛争が発生した場合には、当社は一切の責任を負わず、利用者は、自身の責任と費用で当該紛争を解決するものとし、当社に一切の損害を与えないこととします。
本キャンペーンは、Twitter(X)社の提供・協賛によるものではありません。Twitter(X)のご利用にあたっては同社の利用規約が別途適用されますので、ご自身で責任をもってご確認のうえ、ご利用ください。

Twitter(X)社が提供するサービスのメンテナンスや不具合、応募者の利用する通信端末や通信事業者の提供するサービスの不具合などにより、本キャンペーンへの応募が行えない場合や、情報漏えいその他の損害が応募者や第三者に発生した場合においても、当社は一切の責任を負いません。
本応募規約に違反していると当社が判断した場合、アカウントのブロックなどの必要な措置を取ることができるものとし、これに関連して応募者に損害が発生した場合についても当社は一切の責任を負わないものとします。
本キャンペーンの当選で獲得された権利は第三者に譲渡することはできません。発送先登録フォームを第三者に共有した場合は、当選が無効となります。
転居先不明、長期不在などによりプレゼントをお届けできない場合は、当選を無効といたします。
本キャンペーン及び本応募規約は日本法に準拠するものとし、本キャンペーン及び本応募規約に関し紛争が生じたときは東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄とするものとします。

8. 禁止事項
以下のいずれかに該当する投稿または行為は禁止いたします。これらの投稿または行為が認められる場合、本キャンペーンへの有効なご応募とはみなされませんので、ご注意ください。

法令や公序良俗、本応募規約、Twitter(X)の利用規約の各規定のいずれかまたは複数の規定に違反し、またはそのおそれがある投稿
第三者の著作権その他の知的財産権や肖像権、プライバシー権その他の権利・利益を侵害し、またはそのおそれがある投稿
株式会社デジタル・フロンティア、または他人を誹謗中傷する投稿
bot機能を使った投稿
営利を目的とした投稿
犯罪行為を誘引させる投稿
わいせつ、児童ポルノおよび児童の性的搾取を助長する写真その他第三者に不快感を与える投稿
個人情報が含まれている投稿
本キャンペーンの運営を妨げる行為
その他前各号に掲げる行為に類する行為

9. 個人情報の取扱い
当社は、応募者からいただいた個人情報を本キャンペーンの運営(抽選、当選連絡、プレゼントの発送及びお問い合わせへの返信等)のために利用させていただきます。応募者からいただいた個人情報は、当社が定める個人情報保護方針に則って厳重に管理いたします。
https://www.dfx.co.jp/privacy_policy/index.html


Press release

2024/4/5

物語型Vtuberプロジェクト『cage』  デジタルドール「マリア・ブーゲンビリア」のビジュアルを公開!

当社は、物語型Vtuberプロジェクト『cage』のデジタルドール「マリア・ブーゲンビリア」(以下、マリア)のビジュアルをYouTubeにて公開いたしました。



𝘋𝘪𝘨𝘪𝘵𝘢𝘭 𝘋𝘰𝘭𝘭 "𝘔𝘢𝘳𝘪𝘢 𝘉𝘰𝘶𝘨𝘢𝘪𝘯𝘷𝘪𝘭𝘭𝘦𝘢"- ビジュアル解禁ムービー
https://www.youtube.com/watch?v=szqQr1KVrns

マリアは、4月12日(金)よりYouTubeLive上にてVtuberとして活動を開始する予定です。配信では、視聴者と共に進行するオリジナルのゲームブックの朗読をお届けします。 マリアの物語は、視聴者とのコメントを通じたコミュニケーションによって変化していきます。また、マリアの体は、今夏メタバース空間でのアバターとしても販売予定です。 マリアが配信で朗読するゲームブックも付属するため、彼女になりきってゲームを楽しむことができます。

ドール「マリア・ブーゲンビリア」の背景
「マリア・ブーゲンビリア」は、隔絶された仮想空間に一人目覚めた「データで出来たお人形」です。記憶はほとんど失われており、代わりに1冊の本が記憶容量内に残されています。 本にはいくつも欠けた部分があり、それを補うのはドール自身、そしてドールと会話を行う視聴者の皆様です。ドールは配信を通じてこちらの世界へアクセスをします。 ぜひ、精巧に作られたドールとの触れ合いをお楽しみいただき、その物語を取り戻す壮大な実験にご参加ください。
現在、プロジェクトの運営サイドによるX(Twitter)では、マリア誕生にまつわるストーリーをコミック形式で展開中です。

プロジェクト「cage」(読み:ケージ)について
cageとは「鳥籠」を意味し、美しいドールを鑑賞するために用意された舞台です。 プロジェクトを運営する架空の組織「Digital Doll Development Section(DDDS)」は、仮想空間「cage」内にドールを創造し、ただのデータであるドールに「心が生まれるか」という実験を行います。 実験には視聴者の皆様の力が不可欠です。何卒、ご協力をいただけますよう、宜しくお願い致します。

■YouTube Channel
https://www.youtube.com/@DigitalDollProject-cage
■初回配信枠(4/12)はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=x2twi8Df9jU
■X(旧Twitter)
https://twitter.com/DigitalDoll_PJ


Press release

2024/4/5

200円/10分で高精細3DCGアバターをミーティングに利用できる「KSIN Time Share(β版)」をリリース

当社と株式会社ユニキャストは、両社で共同開発したアバター遠隔接客サービス「KSIN」にタイムシェア方式で利用できる新機能「KSIN Time Share」を追加いたしましたのでお知らせします。 オンラインミーティングにて高精細なアバターを、月額や年間の契約なしに、10分以内であれば15回まで無料で利用可能で、10分以上の予約の場合も一人200円/10分で利用することができるようになりました。(例:30分の予約の場合 600円)。 「KSIN」とは3DCGの高精細なアバターを搭載した遠隔接客サービスです。接客スタッフの表情をカメラで撮影しリアルタイムにアバターに反映するため、アバターを介してもなお自然で和やかなコミュニケーションを実現しています。



「KSIN Time Share(β版)」について
◼️特徴
・オンラインミーティング形式で、誰でも簡単かつ手軽に、高精細なKSINのアバターを体験することが可能
・ご希望の時間帯を選択し、KSINのアバターを通じて1対1のオンラインミーティングが可能
・インターネットに繋がった通常のパソコンやスマートフォンで、WEBブラウザを通じて簡単に利用可能



◼️料金プラン
・お客様1名につき15回(1回10分)まで無料で利用可能(16回目以降、有料)
・10分以上の予約の場合、200円/10分あたり(税別)の有料で利用可能(例:30分の予約の場合、600円)

◼️サービスサイト
https://unicast-robotics.com/ksin-avatar/ksin-timeshare/
サービス開始日:2024年4月5日(金)
サービス提供時間:平日9時~18時

デジタル・フロンティアは、今後も本サービスをはじめ、円谷フィールズホールディングスグループが有するデジタルアセットと映像開発技術・コンテンツ等を融合し、デジタル領域における新規事業の開発に積極的に取り組んでまいります。

【本サービスに関するお問い合わせ】
株式会社デジタル・フロンティア お問い合わせフォーム
株式会社ユニキャスト(Unicast Inc.) お問い合わせフォーム

Press release

2024/3/23

最先端3DCGの"デジタルドール"による 新たな物語型Vtuberプロジェクト「cage」をリリース!

当社は、2024年4月より最先端の3DCGで作られた「デジタルドール(以下、ドール)」による新たなVtuberプロジェクト「cage」をリリースすることをお知らせいたします。

ドールの姿は、3月30日(土)19時にYouTube上にて公開し、4月中旬よりYouTubeLive上にてVtuberとして活動を開始する予定です。配信では、視聴者と共に進行するゲームブックの朗読をお届けします。ドールの物語は、ゲームブックでの視聴者とのコメントを通じた会話によって変化していきます。また、ドールの体はメタバース空間でのアバターとしても販売予定です。最先端の3DCGで表現された「生きたドール」の美しさを、ぜひご堪能くださいませ。



ドール「マリア・ブーゲンビリア」の背景
「マリア・ブーゲンビリア」は、隔絶された仮想空間に一人目覚めた「データで出来たお人形」です。記憶はほとんど失われており、代わりに1冊の本が記憶容量内に残されています。 本にはいくつも欠けた部分があり、それを補うのはドール自身、そしてドールと会話を行う視聴者の皆様です。ドールは配信を通じてこちらの世界へアクセスをします。 ぜひ、精巧に作られたドールとの触れ合いをお楽しみいただき、その物語を取り戻す壮大な実験にご参加ください。

プロジェクト「cage」(読み:ケージ)について
cageとは「鳥籠」を意味し、美しいドールを鑑賞するために用意された舞台です。 プロジェクトを運営する架空の組織「Digital Doll Development Section(DDDS)」は、仮想空間「cage」内にドールを創造し、ただのデータであるドールに「心が生まれるか」という実験を行います。 実験には視聴者の皆様の力が不可欠です。何卒、ご協力をいただけますよう、宜しくお願い致します。

■YouTube Channel
https://www.youtube.com/@DigitalDollProject-cage
■X(旧Twitter)
https://twitter.com/DigitalDoll_PJ

Press release

2024/1/26

アバター遠隔接客サービス「KSIN」が、NEXCO東日本「秋田道4車線化PRルーム」に導入!

当社と株式会社ユニキャストは、両社で共同開発したアバター遠隔接客サービス「KSIN」が、東日本高速道路株式会社(以下、「NEXCO東日本」)が展開する秋田道4車線化事業の理解促進及び事業内容の周知を目的とした「秋田道4車線化PRルーム」(以下、「PRルーム」)の遠隔案内ツールとして導入されたことをお知らせいたします。

 

■PRルームの概要
所在地:イオンスーパーセンター横手南店 2F専門店街
住所:秋田県横手市婦気大堤中田4-1
KSIN導入期間:2024年1月10日(水)から3月下旬(予定) KSIN利用可能時間:平日10時〜17時の間
※上記時間内でも受付不可能な場合があります。実際の受付状態はPRルームのモニターをご確認ください

本PRルームはショッピングセンターの一角に設けられており、買い物ついでに気軽に立ち寄ることができる場所になっております。PRルームでは、工事の歴史・計画・技術的な工夫点といった専門的な内容から、点検作業の現場風景をVRで楽しめる視覚的なコンテンツまで幅広い内容が展示されております。昨年7月に開設し、無人で運営されてきましたが、今回、「KSIN」を導入し、スタッフがPRルームとは別の場所にあるオフィスから「遠隔」で「リアルタイム」にお客様の質疑に回答することで双方向のコミュニケーションの充実化を図ります。
さらに、「KSIN」の高精細な3DCGモデルによりリアルな人の表情をアバターで表現できるため、アニメ調のアバターより人間味のある自然なコミュニケーションを実現します。これによりお客様の想いや声を聞くこと等も可能になり、より一層のお客様の満足につながることが期待されております。NEXCO東日本におけるアバター遠隔接客サービス「KSIN」の利用については、昨年度、常磐自動車道・守谷SAにおいて2回に渡る実証実験を行った実績がございます。

【本サービスに関するお問い合わせ】
株式会社デジタル・フロンティア お問い合わせフォーム
株式会社ユニキャスト(Unicast Inc.) お問い合わせフォーム

Press release

2024/1/24

アバター遠隔接客サービス「KSIN」を使った心理カウンセリングの有用性に関する実証実験を開始

当社と株式会社ユニキャストは、両社で共同開発したアバター遠隔接客サービス「KSIN」を活用し、デジタルヒューマンと呼ばれる高精細な3DCGアバターを使った心理カウンセリングの有用性に関する実証実験について、株式会社メンタルサポート研究所(本社:東京都中央区 代表取締役:倉成央 以下、「メンタルサポート研究所」)と共同で実施することをお知らせいたします。

表情豊かなデジタルヒューマンの3DCGアバターを活用することで、カウンセラーやクライアントにとって、対面やZOOMなどのオンライン面談に加え、時間と場所を選ばずアバターを介して相談することで双方の心理的な負担を和らげ、新たなコミュニケーションの選択肢として、近い将来において活用されることを期待しつつ、今後の実用化に向けての課題を浮き彫りにするために、本実証実験を行います。
 

■実証実験の概要

  • 本実証実験は、カウンセラーの表情をリアルタイムでCG処理した“デジタルヒューマン”と呼ばれる高精細な3DCGアバターを使った遠隔接客システム「KSIN」 を使用

  • デジタルヒューマンでの心理カウンセリング・対面カウンセリング・ZOOMを使用したオンラインカウンセリングを、カウンセラー目線・クライアント目線で質問紙を用いて比較

  • 本実証実験の目的は、デジタルヒューマンを使用した心理カウンセリングの有用性や改善点などを見出すこと

  • 対象者:心理カウンセリング希望者30名(男女含む)、カウンセラー4名
    実施期間:2024年2月~2024年4月
    カウンセリング技法:認知行動療法、交流分析、感情処理法
    評価方法:質問紙

    ■メンタルサポート研究所について
    メンタルサポート研究所とは、臨床心理師や公認心理士・心理カウンセラーを組織化している、心理カウンセラーのグループです。2007年に、博士号を持つ倉成央によって設立され、以来、行政機関や国立大学との連携により各種メンタルプログラムやカウンセリングを行ってまいりました。また、「こころのケアをすべての人に」という理念のもと、カウンセラーの育成にも注力しており、2023年4月現在で、全国に500名超(内 公認心理士109名)の心理カウンセラーを組織するに至りました。提供するサービスは、「診断・教育・ケア」の3つです。
    WEBサイト https://www.dfx.co.jp/contact/

    【本サービスに関するお問い合わせ】
    株式会社デジタル・フロンティア お問い合わせフォーム
    株式会社ユニキャスト(Unicast Inc.) お問い合わせフォーム

    2023

    Information

    2023/12/26

    年末年始休業のお知らせ

    当社は12月29日(金)~1月4日(木)まで年末年始休業とさせて頂きます。
    新年の業務開始日は1月5日(金)です。2024年も何卒宜しくお願い申し上げます。

    Press release

    2023/12/26

    3D Gaussian Splattingの3DデータをUnreal Engineで動的な影に対応した描画可能なプラグイン「Vista Splat Pro」の販売を開始

    当社は、2020年7月に共同出資で設立したバーチャル・ライン・スタジオ株式会社(本社:東京都調布市 代表取締役社長:田中正 以下、VLS)において、3D Gaussian Splatting※1データをUnreal Engine(以下、UE)※2で動的な影に対応した描画・編集可能なプラグイン「Vista Splat Pro」を、株式会社空き家総合研究所のシステム開発部門(本社:大阪府八尾市 代表取締役 田口貴士、エンジニア 麻場健司 以下、空き家総研ラボ)と共同で開発し、販売を開始したことをお知らせいたします。今後は、「Vista Splat Pro」の追加開発および本プラグインで利用可能な、背景シーンの3Dデータの制作・販売にも着手していく予定でおります。
    ※1複数の写真から3Dシーンを再構成する技術です。NeRFと同等以上の精度を持ち、NeRFよりも描画負荷が低いことが特徴にあげられます。
    ※2アメリカ合衆国のEpic Games社が開発・提供するゲームエンジンです。



    Vista Splat Proにより、UE上の3D Gaussian Splattingデータに影を描画

    ■「Vista Splat Pro」の商品概要
    「Vista Splat Pro.」は、3D Gaussian SplattingデータをUEへインポートし描画可能にするためのプラグインとなります。UEを利用したバーチャルプロダクション制作において、表現方法の可能性が広がります。

    特徴:3D Gaussian Splattingのモデルに、UE内の他のオブジェクトから動的な影を落とすことが可能、複数の3D Gaussian Splattingのモデルを配置可能
    販売場所:BOOTH https://vls.booth.pm/
    販売価格:149,800円(税込)
    販売開始:2023年12月25日

    ■バーチャル・ライン・スタジオ株式会社 会社概要
    所在地:東京都調布市染地2-8-12(日活調布撮影所内)
    設立:2020年7月
    事業内容:バーチャルスタジオの運営、バーチャルスタジオに関わるコンサルティング事業、映像制作・デジタルコンテンツ等のバーチャルプロダクション事業、ポストプロダクションスーパーバイザー事業など。設立以来、リアルタイムCG合成システムやカメラトラッキングシステムを活用した、ライブ配信コンテンツ・CM・MV・TVドラマの撮影を多数プロデュース 株主:日活株式会社、株式会社デジタル・フロンティア、AOI TYO Holdings株式会社
    URL:https://vls.co.jp/

    ■株式会社空き家総合研究所(空き家総研VRラボ)会社概要
    所在地:大阪府八尾市本町4-2-46
    設立:2017年1月
    事業内容:空き家再生、VR・AI技術の研究開発、演劇教室
    URL:https://vrlab.akiya-souken.co.jp/


    Press release

    2023/11/24

    映画『ちひろさん』2024年2月23日(金)Blu-ray&DVD発売



    熱狂的支持を集める漫画『ちひろさん』が、ついに映画化!
    主演 有村架純×原作 安田弘之×監督 今泉力哉が贈る、話題の映画『ちひろさん』Blu-ray&DVDを2024年2月23日(金)にリリースいたします。

    出演:有村架純
    原作:安田弘之『ちひろさん』(秋田書店「秋田レディース・コミックス・デラックス」刊)
    監督:今泉力哉   脚本:澤井香織 今泉力哉
    製作:Netflix、アスミック・エース
    配給:アスミック・エース
    制作プロダクション:アスミック・エース、デジタル・フロンティア
    【公式HP】https://chihiro-san.asmik-ace.co.jp/
    【Netflix作品ページ】https://www.netflix.com/ちひろさん

    Press release

    2023/11/01

    アバター遠隔接客サービス「KSIN」と個室ブース「One-Bo」が協業!



    利用者のプライバシーを守る、個室内でアバターによる接客対応ができる新空間の提供を開始
    弊社は、株式会社ユニキャストと共同開発したアバター遠隔接客サービス「KSIN」(読み:けしん)の新たな販売協力パートナーとして、個室ブース「One-Bo(ワンボ)」を展開する株式会社プラザクリエイト(本社:東京都中央区 代表取締役社長 新谷隼人)と協業することに合意しました。

    「One-Bo(ワンボ)」と「KSIN(けしん)」の協業について
    「One-Bo」と「KSIN」が協業して生み出される空間は、利用者にとってこれまで以上に利便性が高く、プライベートな内容やセンシティブな内容を含む相談が安心してできる“新しい場所”として提案していく予定です。 「KSIN」は、アバターによる見た目の印象をブランディングできるため、接客する者の個々の外見に左右されにくい特徴があります。また生成AIやチャットボットと比較した際、バックグラウンドで人が対話に対応するため、複雑な会話に対して人間味あふれるコミュニケーションが可能であり、単なる問い合わせだけなく、相談事や悩み事など複雑な会話かつ柔軟で幅広い対応が可能であると考えております。自治体や金融機関、企業の人事部門など利用者の個人的な情報を含む接客対応が必要な場面で、プライバシーを守りながら安心して接客ができる空間として活用いただけます。

    【株式会社プラザクリエイト 会社概要】
    本社:東京都中央区晴海一丁目8番10号 晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX棟27階
    設立:1990年3月
    代表者:代表取締役社長 新谷隼人
    事業内容: 写真・映像・通信に関する事業
    https://www.plazacreate.co.jp/

    プレスリリースはこちらから

    お問い合わせ、お申込みにつきましては下記公式サイトをご確認ください。
    KSIN 公式サイト

    Information

    2023/7/24

    Facial & Rigging Artist 大募集!



    Facial & Rigging Artist を大大募集中!!
    大型案件の始動に伴い、組織強化のためフェイシャルアーティスト、リギングアーティストを大募集いたします! あなたの才能を活かすチャンスがここにあります!ご興味のある方は、ぜひご応募ください!





    Press release

    2023/6/19

    アバター遠隔接客サービス「KSIN」が、経済産業省「IT導入補助金2023」の対象ツールに認定されました



    〜店舗の省人化、新しい接客体験の提供、多様な人材の活用・雇用創出に期待。初期導入費、月額利用料などの一部を補助〜
    この度、株式会社デジタル・フロンティアと株式会社ユニキャストが共同開発したアバター遠隔接客サービス「KSIN」(読み:けしん、商標登録)の販売パートナーにクリーク・アンド・リバー社(本社:東京都港区、代表取締役社長:黒崎 淳、東証プライム:4763、以下、C&R社)が新たに決定したことをお知らせいたします。


    ■経済産業省の推進するサービス等生産性向上IT導入支援事業「IT導入補助金2023」について
     IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等が自社の課題やニーズに合ったITツールの導入を支援する補助金です。一定の条件を満たした対象事業者は、KSINの導入にかかる初期費用及び月額費用の一部についてIT導入補助金による補助を受けることが可能です。
    補助対象の条件や申請方法など、詳しくは、「IT導入補助金2023」のホームページをご確認ください。
    https://www.it-hojo.jp/

    ■「KSIN(けしん)」とは

  • 「KSIN」は、これまでデジタル・フロンティアが、映画やドラマ、ゲームなどのエンタテインメント分野における映像制作などで培ってきた最先端の3DCG技術の知見を活用し開発した高精細なアバターを搭載した遠隔接客サービスです。

  • 少人数のオペレーターが多拠点のリモート接客が可能となり、人手不足問題、人件費削減に貢献します。また、ベテランスタッフや外国語が堪能なスタッフがどの店舗でも対応可能となるためサービスの向上や教育コストの削減にもつながります。

  • 接客スタッフの表情をカメラで撮影しリアルタイムにアバターに反映します。アバターを使用しつつも人間と同じようにお客様と自然なコミュニケーションを実現することができます。

  • 2022年7月にβ版をリリースしました。操作する人の表情の動きをリアルタイムかつ表情豊かに再現してスムーズに接客できる点などが高く評価されています。

  • 東日本高速道路株式会社の第1期アクセラレータープログラム『E-NEXCO OPEN INNOVATION PROGRAM』にも採択されており、サービスエリアにおける接客や窓口業務などの実証実験を行いました。


  • ▶1人のオペレーターが複数店舗からの呼び出しに備えて待機できます


    ■「KSIN(けしん)」サービスの概要
    サービスに関するより詳細な情報につきましては、下記ウェブサイトをご確認ください。
    KSIN 公式サイト


    ■「KSIN(けしん)」のIT導入支援事業者
    株式会社ユニキャスト(「KSIN」の共同開発パートナー/「KSIN」の販売・保守)「人とロボットが共創する未来をつくる」を事業ミッションとし、コミュニケーションロボットの業務活用を通して、人々がより生産性を発揮できる社会の実現を目指しています。
    https://www.unicast.ne.jp/


    本件に関するお問合わせ先
    お問い合わせフォームはこちら

    Press release

    2023/5/30

    アバター遠隔接客サービス「KSIN」販売パートナーにクリーク・アンド・リバー社が新たに決定!

    この度、株式会社デジタル・フロンティアと株式会社ユニキャストが共同開発したアバター遠隔接客サービス「KSIN」(読み:けしん、商標登録)の販売パートナーにクリーク・アンド・リバー社(本社:東京都港区、代表取締役社長:黒崎 淳、東証プライム:4763、以下、C&R社)が新たに決定したことをお知らせいたします。

    ◀Ksinアバターイメージ

    「KSIN」は、これまでデジタル・フロンティアが、映画やドラマ、ゲームなどのエンタテインメント分野における映像制作などで培ってきた最先端の3DCG技術の知見を活用し開発した高精細なアバターを搭載した遠隔接客サービスです。2022年7月にβ版をリリースし、操作する人の表情の動きをリアルタイムかつ表情豊かに再現してスムーズに接客できる点などが高く評価され、東日本高速道路株式会社の第1期アクセラレータープログラム『E-NEXCO OPEN INNOVATION PROGRAM』に採択。サービスエリアにおける接客や窓口業務などの実証実験を行ってまいりました。

    【株式会社クリーク・アンド・リバー社 会社概要】
    本社:東京都港区新橋四丁目1番1号 新虎通りCORE
    設立:1990年3月
    代表者:代表取締役社長 黒崎 淳
    事業内容: 映像・ゲーム・Webなどのクリエイティブ分野から、医療・建築・ITに特化したエージェント、プロデュース、ライツマネジメント事業を行う。同事業をコンピューターサイエンス・会計・法曹・ファッション・食・ライフサイエンス・舞台芸術・アスリート・アグリカルチャーの18分野に拡大し、36万人超のプロフェッショナルと約5万社のクライアントを無限に組み合わせ、国内18・海外4拠点で展開。XRやAI、プロフェッショナル専門の採用サイトや世界中の弁護士を結ぶSNSサービス、ドローンなどにも周辺事業を拡大し、プロフェッショナルの叡智で革新的な事業を無限に創造しています。

    プレスリリースはこちらから

    お問い合わせ、お申込みにつきましては下記公式サイトをご確認ください。
    KSIN 公式サイト

    2022

    Press release

    2022/8/10

    Netflix 映画『ちひろさん』2023年2月23日(木・祝)全世界配信&劇場公開決定

    【Netflix 映画『ちひろさん』全世界配信&劇場公開が決定!】
     Netflixとアスミック・エースが共同で製作し、弊社が制作プロダクションとして参加したNetflix映画『ちひろさん』が2023年2月23日(木・祝)にNetflixにて全世界配信&劇場公開が決定いたしました。
    主人公の名言が共感の嵐を巻き起こした奇跡の漫画を待望の映画化!


    ©2023 Asmik Ace, Inc. ©安田弘之(秋田書店)2014

    【監督&主演キャストを発表】
     主人公「ちひろ」を演じるのは、昨年大ヒットした『花束みたいな恋をした』や今年公開した『前科者』に続く主演映画作品となり、Netflix作品には、今回が初出演となる有村架純
     監督は、『愛がなんだ』、『his』、『アイネクライネナハトムジーク』など数々の話題作を手掛け、昨年スマッシュヒットを飛ばした『街の上で』、2022年11月に公開を予定している『窓辺にて』など、今若者を中心に熱狂的な支持を集め、最も影響力のある映画監督のひとりである今泉力哉

    コロナ禍を経て世界がいまだかつてないスピードで変わり続ける中で、心のままに生きることの大切さ、孤独と向き合うことの尊さを描き、心が浄化されるような、小さな奇跡を描く作品が誕生します。

    Press release

    2022/5/26

    NEXCO東日本と共同でアバター接客「KSIN」の実証実験を開始



    この度、株式会社デジタル・フロンティアと東日本高速道路株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:小畠徹 以下、「NEXCO東日本」)は、NEXCO東日本の『ドラぷらイノベーションラボ』に採択されたオンラインでのアバターによる有人遠隔接客サービス「KSIN」(読み仮名:けしん、商標出願中)を利用し、2022年6月14日(火)~2022年6月27日(月)の期間において、常磐道守谷サービスエリア(下り線)での実証実験を開始いたします。

    【サービス概要】
    「KSIN 」は、オンラインでのアバターによる有人遠隔接客サービスです。操作する人間(オペレーター)の表情をリアルタイムにアバターに反映し、豊かな感情表現を実現します。そのため、アバター越しでありながらも対面での接客のような自然なコミュニケーションが実現可能です。
    本サービスは、デジタル・フロンティアと、株式会社ユニキャスト(本社:茨城県日立市代表取締役:三ツ堀裕太 以下、「ユニキャスト」)が共同開発を行っており、ベータ版の申込を2022年6月1日(水)より開始いたします。

    プレスリリースはこちらから
    トライアル受付開始に関するプレスリリースはこちら

    お問い合わせ、お申込みにつきましては下記公式サイトをご確認ください。
    KSIN 公式サイト

    Information

    2022/4/15

    名古屋サテライトオフィス新設のお知らせ

    この度4月15日より、下記住所にて名古屋サテライトオフィスを開設する運びとなりましたのでお知らせ申し上げます。

    【名古屋サテライトオフィス】
     愛知県名古屋市中川区山王1-3-1 3F

    今後も社員一同誠心誠意努力する所存ですので、何卒倍旧のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

    2021

    Information

    2021/12/28

    年末年始休業のお知らせ

    2021年も大変お世話になりました。当社は12月29日(水)から年明け1月4日(火)まで年末年始休業とさせて頂きます。
    新年の業務開始日は1月5日(水)です。2022年も何卒宜しくお願い申し上げます。

    Press release

    2021/12/21

    遠隔接客サービス「KSIN 」、トライアル受付を開始



    この度、株式会社デジタル・フロンティアは、株式会社ユニキャストと共同開発中の、アバターによる有人遠隔接客サービス「 KSIN 」(読み仮名:けしん、商標出願中)のトライアル受付を 2021年12月21日より開始しました。
    本サービスの2022年4月のベータ版リリースに向けて、トライアルにご協力いただける企業様を募集いたします!
    ぜひご協力をよろしくお願いいたします。

    トライアルの受付はこちら

    【サービス概要】
    近年、デジタルツインやメタバースをはじめとした、3D モデルやデジタル空間の活用に期待が寄せられています。そうした中で開発を進める本サービスは、アバターによる遠隔接客を可能にするWebサービスです。
    本サービスは操作する人間の表情をリアルタイムにアバターに反映し、豊かな感情表現を実現します。そのため、アバター越しでありながらも対面での接客のような自然なコミュニケーションが実現可能です。

    プレスリリースはこちらから

    Press release

    2021/9/24

    弊社のリモートワークについて 2021秋

    平素より格別のご高配を賜りありがとうございます。
    昨年の緊急事態宣言以降、リモートワーク(在宅)での作業環境を改善して参りましたが、昨春公開したレポートより進捗状況をまとめましたのでご報告申し上げます。

    弊社のリモートワークについて 2021秋

    Press release

    2021/9/7

    【お茶にごす。】2021年10月7日より地上波で放送スタート!

    実写ドラマ「お茶にごす。」がついに…10月7日より地上波で放送スタート!
    Amazon Prime Videoにて絶賛配信中の実写ドラマ「お茶にごす。」が、ついに地上波で放送がスタートします! 「今日から俺は!!」「天使な小生意気」など、キャラクターの面白みで勝負する“ヤンキーギャグ漫画”として金字塔を打ち出した西森博之による、 青春・学園・ヤンキー・コメディが詰まった話題作が地上波でもお楽しみいただけます!

    【放送日】2021年10月7日より毎週木曜深夜0時30分からテレビ東京系にて放送
    【公式HP】https://www.tv-tokyo.co.jp/ochanigosu/


    ©西森博之/小学館 ©「お茶にごす。」製作委員会

    Press release

    2021/3/15

    Netflixとの業務委託契約の締結に関するお知らせ

    この度、株式会社デジタル・フロンティア(以下:DF)は、世界最大級のストリーミングサービスを提供するNetflixと業務委託契約を締結いたしましことをお知らせいたします。
    本契約はDF及びNetflixデジタル・プロダクション部門が主体となり、Netflixおよびそのパートナー制作会社によって製作されるNetflixオリジナル作品において、作品またはプロジェクトごとに両者が協議の上合意した場合、DFが複数年間に渡り一定のVFX及びバーチャル・プロダクションにおける映像制作リソースを提供いたします。
    なお、日本国内企業においてNetflixと本契約を締結するのはDFが初となります。

    【制作第1弾作品】
    タイトル:Netflixオリジナルシリーズ「今際の国のアリス」シーズン1
    配信時期:2020年12月10日より全世界配信中
    原作:麻生 羽呂「今際の国のアリス」(小学館「少年サンデーコミックス」刊)
    監督:佐藤 信介
    主演:山﨑 賢人 土屋 太鳳
    企画・制作プロダクション:株式会社ロボット

    プレスリリースはこちらから

    2020

    Press release

    2020/12/11

    【お茶にごす。】2021年実写ドラマ化決定!

    不良×茶道部!? 異色のヤンキーコメディ漫画を実写ドラマ化!
    「今日から俺は!!」「天使な小生意気」など、全ての作品の累計発行部数は5,000万部超え!キャラクターの面白みで勝負する“ヤンキーギャグ漫画”として金字塔を打ち出した西森博之による、青春・学園・ヤンキー・コメディが詰まった作品が待望の実写化 !

    【公式HP】https://www.tv-tokyo.co.jp/ochanigosu/

    Information

    2020/11/05

    【オパキス】モーションキャプチャースタジオの取材記事が掲載されました

    昨今のリモート需要を受けて、お問い合わせが増え続けるアジア最大級のモーションキャプチャースタジオ「オパキス」について、取材記事が公開されましたのでお知らせいたします。

    (外部リンク)
    記事:100台のカメラを備えたアジア最大級のモーションキャプチャースタジオ「オパキス」見学レポート、最先端映像を支える大道具・小道具とは

    Information

    2020/11/04

    【VLS】合成専用スタジオ「xR対応スタジオ」デモ映像を公開!

    2020年10月12日より営業を開始いたしましたバーチャル・ライン・スタジオ株式会社より、合成専用スタジオ「xR対応スタジオ」のデモ映像が公開されました!
    スタジオに関するお問い合わせはこちらから



    スタジオ内覧会のレポート記事が掲載されました!(外部リンク)
    記事:日本最大規模のグリーンバックステージでリアルタイムのCG合成撮影が可能な「バーチャル・ライン・スタジオ」をのぞいてきました

    Information

    2020/10/26

    【バーチャル・ライン・スタジオ㈱】スタジオ内覧会のお知らせ

    この度、日本最大規模の「xR対応スタジオ」完成にともない、スタジオ内覧会を開催いたします。
    あわせてZeroDensity 社製 リアルタイムCGシステム“Reality”を使用したデモンストレーションの実演もご覧いただける貴重な機会となっております。 ご関係者をお誘い合わせのうえ、ぜひご来場ください。

    内覧会内容(予定)
    ・ご挨拶、スタジオやシステムの概要紹介 10
    ・プロモーション映像 5分
    ・Reality のプレゼンテーション 15分
    ・フリータイム(質疑応答) 30 分

    申し込み
    https://vls-start.peatix.com/
    上記ページよりご希望の日時でチケットを取得しご参加ください。
    ※申込み人数に関しては 1 社につき 3 名様まで
    ※法人または個人(フリーランスのクリエイター)で登録することが可能です。
    ※お申込み締切日は11月2日(月)です

    開催場所
    日活調布撮影所<東京都調布市染地二丁目8番地12>
    ※お車でのご来場はご遠慮ください
    https://www.nikkatsu.com/studio/access.html

    主催
    バーチャル・ライン・スタジオ株式会社
    https://vls.co.jp/

    参加費
    無料

    Information

    2020/10/12

    大阪事務所の機能をテレワークへ移行いたします

    拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。さて、この度弊社は今年4月より実施してまいりましたテレワークでの業務において、一定の成果が見込めたことを受け、 大阪事務所の機能を全面テレワークに移行することをご案内申し上げます。

    これに伴いまして、大阪事務所に関しましては、10月末日より電話が不通となります。今後のお問合せにつきましては、ご面倒ではございますが、本社の代表電話へおかけくださいますようお願い申し上げます。

    これを機に、社員一同、尚一層の努力をいたす所存でございますので、今後ともお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

    敬具

    Press release

    2020/8/5

    合弁会社「バーチャル・ライン・スタジオ株式会社」 設立のお知らせ

    3社の強みを生かしたバーチャルプロダクション設立
    日活株式会社(以下「日活」)、株式会社デジタル・フロンティア(以下「デジタル・フロンティア」)、並びに AOI TYO Holdings 株式会社(以下「AOI TYO Holdings」)は、 3社の共同出資による合弁会社「バーチャル・ライン・スタジオ株式会社」(本社:東京都調布市 代表取締役社長:田中正)を7月22日に設立したことをお知らせします。

    【事業概要】
    日活の所有する日活調布撮影所内に、日本国内最大規模の大型合成専用スタジオを設営。映像製作とスタジオ運営を強みとする日活と、CG制作において幅広い制作経験と高い技術力を有するデジタル・フロンティア、テレビCM制作において業界をリードするAOI TYO Holdingsの各社の強みを掛け合わせることで、バーチャルプロダクションを展開します。

    プレスリリースはこちらから

    Information

    2020/4/23

    弊社のリモート環境について

    平素より格別のご高配を賜りありがとうございます。
    弊社は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止する対策として、リモート(在宅)での作業環境を急ピッチで整備して参りましたが、この度、一定水準を満たす環境構築が完了しましたのでご報告申し上げます。

    リモート環境レポート

    Information

    2020/4/6

    新型コロナウイルス対策の為のテレワーク実施のお知らせ

    平素より格別のご高配を賜りありがとうございます。

    弊社は、新型コロナウイルスの感染拡大防止と、従業員ならびに関係者の皆様の安全確保のため、下記の通りテレワークを実施いたします。

    <実施概要>
    ■内容
    東京本社および、大阪事務所において在宅勤務が可能な従業員は原則テレワークを実施

    ■期間
    2020年4月7日(火)~ 未定
    ※期間につきましては、今後の政府や東京都の要請等を考慮し、随時決定していきます。

    ■お問い合わせについて
    恐れ入りますが、テレワーク期間中にご用件のある方は、WebサイトのCONTACTフォームもしくは、担当者に直接メールでのご連絡をお願いいたします。

    お客様、関係者の皆様におかれましては、ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

    Information

    2020/2/28

    新型コロナウイルス対策の為の「時差出勤」のお知らせ

    平素より格別のご高配を賜りありがとうございます。

    当社は、新型コロナウイルスの感染拡大によるリスク軽減と当社従業員ならびに関係者の皆様の安全を考慮し、下記期間中の時差出勤を推奨して参ります。
    それに伴い、お電話等のご連絡は午前12時以降にいただけますと幸いに存じます。ご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

    期間:2020年3月2日~未定

    2019

    Information

    2019/12/24

    年末年始休業のお知らせ

    2019年も大変お世話になりました。当社は12月28日(土)から年明け1月5日(日)まで年末年始休業とさせて頂きます。
    新年の業務開始日は1月6日(月)です。2020年も何卒宜しくお願い申し上げます。

    Press release

    2019/12/14

    勝新太郎「座頭市」、中村玉緒&松平健と夢競演!

    日本に世界の注目が集まる2020年、最新CG技術で“復活”!
    日本映画放送株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 杉田成道)は、運営する有料専門チャンネル「時代劇専門チャンネル」のプロモーションとして、松平健さん、中村玉緒さんが出演するテレビCM第3弾「時代劇篇」を2020年1月より、全国のテレビ局で順次放送いたします。CMでは、伝説の時代劇スター・勝新太郎(1997年没・享年65)の代表作「座頭市」が、最新CG技術で“復活”!スピーディな殺陣を繰り広げます。

    【時代劇専門チャンネル】とは?
    日本映画放送株式会社によって編成されるテレビジョン放送。時代劇だけを24時間365日放送している有料専門チャンネル(スカパー!、J:COMなどCATVにて放送、視聴可能世帯約800万世帯)。
    公式ホームページはこちら

    【DIGITAL HUMAN】とは?
    実写映像の頭部のみをCGに置き換える株式会社デジタル・フロンティアの最新CG技術。見た目だけではなく、演技や所作も人間として高いレベルで再現可能です。
    実用例メイキングはこちら

    (関連作品)【座頭市Ø(ゼロ)】
    公式Twitter:座頭市0(@zatoichizero)
    公式YouTubeチャンネルはこちら

    プレスリリースはこちらから

    Information

    2019/02/20

    第六回エフェクト講座 受講生募集!
    ※募集は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

    DFエフェクトアーティストが指導する、少人数制クラス開講!

    毎年、不定期で開催しておりますエフェクト講座を今年も開催することが決定いたしました。今年は、初級向け、中級向けと習熟度別に複数回の開催を予定しております! まずは、今年最初の講座を4月(初級向け)に開講したいと思いますので、エフェクト制作に興味のある方、実践的なエフェクト制作技術を学びたいという方のご応募をお待ちしております。

    【講座概要】
    ● 開講時間
    基本毎週火、木曜日16時~19時(1回3時間)。全8回(オリエン除く)。
    ※都合により、初週のみ曜日が異なります。

    ● 会場
    (株)デジタル・フロンティア 本社(東京都渋谷区桜丘町9-8 KN渋谷3ビル 3F)

    ● 講義内容
    Maya, Houdiniエフェクト基礎
    ショットワーク基礎
    ※原則として講義の前半はハンズオン、後半は実習を行います。

    ● カリキュラム(予定)
    初回(3/28):オリエンテーション
    第1回(4/3)、第2回(4/5):Mayaエフェクト入門
    第3回(4/9)、第4回(4/11):Houdiniエフェクト入門
    第5回(4/16)、第6回(4/18)、第7回(4/23):実践
    第8回(4/25):総括

    【募集要項】
    ● 応募資格
    ・選考面接および講義にスケジュール通り参加できる方
    ・MayaおよびAfter Effectsの基本操作を習得済みの方
    ・日本語でスムーズにコミュニケーションがとれる方
    ・当社でエフェクトアーティストとして勤務を検討できる方
    ※本講座への参加は、当社への入社をお約束するものではありません。

    ● 応募方法
    以下のものをメールまたは郵送にて、下記までお送りください。

    ・応募フォーム(ダウンロードはこちら
    ・過去に作成した作品(デモリール、ポートフォリオ)など。エフェクト以外の作品可。

    Email:fx_seminar@dfx.co.jp (件名を「FX講座申込」としてご送付ください)
    ※3MB以上のデータを送信される場合は、ご自身のサーバーにアップロードしていただくか、動画共有サイトやデータ転送サービス等をご利用ください。

    郵送先:
    〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町9-8 KN渋谷3ビル3F
    (株)デジタル・フロンティア 「エフェクト講座募集」係 宛
    ※応募書類については返却いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

    ● 選考方法
    書類・作品選考の上、通過者のみ以下の日程で面接を行います。
    面接日程:3月20日(水) 16時~19時(1人15分程度)。※予備日:3月22日(金) 16時~19時

    ● 募集人数
    最大4名(最少開講人数2名)
    ※受講者数が最少開講人数に達しない場合、開講を見送らせていただきます。
    ※定員に達し次第、募集は終了いたします。

    ● 募集期間
    2019年3月14日(木)まで(郵送応募書類当日必着)

    ● 参加費用
    無料(会場までの交通費等は各自ご負担ください)

    ● ご参加にあたっての留意点
    実習に必要なPC等の環境は当社にてご用意いたします。個人のマシン等のお持ち込みはご遠慮いただいております。また、講義で使用したデータおよびテキストの持ち出しもできません。ご了承ください。

    【お問い合わせ】
    (株)デジタル・フロンティア エフェクト講座担当
    Email: fx_seminar@dfx.co.jp
    TEL: (03) 6855-7821

    ● 次回予定
    次回の開催は未定です。

    Press release

    2019/2/3

    細田守監督作品『未来のミライ』米アニー賞受賞!

    『未来のミライ』がアニー賞を受賞!
    “アニメーション界のアカデミー賞”とも呼ばれる第46回アニー賞が米ロサンゼルスで開催され、細田守監督作品『未来のミライ』が、長編インディペンデント作品賞を受賞いたしました!

    『未来のミライ』作品概要はこちら

    2018

    Information

    2018/12/25

    年末年始休業のお知らせ

    2018年も大変お世話になりました。当社は12月29日(土)から年明け1月6日(日)までお休みを頂きます。
    新年の業務開始日は1月7日(月)です。2019年も何卒宜しくお願い申し上げます。

    Press release

    2018/10/24

    シッチェス映画祭で映画『いぬやしき』が最優秀特殊効果賞を受賞!

    最優秀特殊効果賞 受賞!
    スペインで開催された世界3大ファンタスティック映画祭の1つ、第51回シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭で映画『いぬやしき』のVFXスーパーバイザーを務めた土井淳が最優秀特殊効果賞を受賞いたしました!

    CGディレクター:土井淳
    CHECK! PEOPLE

    Press release

    2018/9/13

    オリジナルTVアニメ『荒野のコトブキ飛行隊』2019年1月放送決定!

    水島努監督(『ガールズ&パンツァー』)のオリジナルTVアニメ最新作を発表!!
    株式会社デジタル・フロンティア(以下「デジタル・フロンティア」)は、水島努氏(監督代表作:『ガールズ&パンツァー』シリーズ)と株式会社バンダイナムコアーツ(以下「バンダイナムコアーツ」)と共同で開発したオリジナルTVアニメ『荒野のコトブキ飛行隊』の放送が、2019年1月より開始されることを公表いたしました。

    " 女の子 × レシプロ戦闘機 "
    本作品は、水島氏に加え、シリーズ構成に横手美智子氏を迎え、『SHIROBAKO』・『監獄学園 プリズンスクール』タッグで制作いたします。作品コンセプトは “女の子×レシプロ戦闘機*”。戦闘機乗りの<最強女の子チーム>によるミッション遂行系の本格空戦アニメーションです。凄腕の美少女チームが繰り広げるCGを駆使した本格空戦アクションシーンにも、是非ご注目ください。

    *レシプロ戦闘機…動力源にレシプロエンジン(ピストンエンジン)を採用した戦闘機
    『荒野のコトブキ飛行隊』公式サイト

    プレスリリースはこちらから

    Information

    2018/09/06

    第五回エフェクトアーティスト養成講座 受講生募集!
    ※募集終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

    第一線で活躍するDFエフェクトチームが、少人数制クラスできめ細かく指導!

    8月に開講した第四回につづき、早くも第五回目の開講が決定いたしました。今回も将来当社エフェクトチームの中核を担っていただけるような人材を育成すべく全力指導いたします! エフェクト制作に興味はありつつ学ぶ場を見つけられなかった方、より実践的なエフェクト制作を身に付けたいという方のご応募をお待ちしております。

    【講座概要】
    ● 開講スケジュール
    2018年10月2日(火)オリエンテーション
    2018年10月4日(木)~毎週火、木曜日16時~19時(1回3時間)。全8回(1カ月間)。

    ● 会場
    (株)デジタル・フロンティア 本社(東京都渋谷区桜丘町9-8 KN渋谷3ビル 3F)

    ● 講義内容
    Maya, Houdiniエフェクト基礎
    ショットワーク基礎
    ※原則として講義の前半はハンズオン、後半は実習を行います。

    ● カリキュラム(予定)
    第1回(10/4)、第2回(10/9):Mayaエフェクト入門
    第3回(10/11)、第4回(10/16):Houdiniエフェクト入門
    第5回(10/18)、第6回(10/23)、第7回(10/25):実践
    第8回(10/30):総括

    【募集要項】
    ● 応募資格
    ・選考面接および講義にスケジュール通り参加できる方
    ・MayaおよびAfter Effectsの基本操作を習得済みの方
    ・日本語でスムーズにコミュニケーションがとれる方
    ・当社でエフェクトアーティストとして勤務を検討できる方
    ※本講座への参加は、当社への入社をお約束するものではありません。

    ● 応募方法
    以下のものをメールまたは郵送にて、下記までお送りください。

    ・応募フォーム(ダウンロードはこちら
    ・過去に作成した作品(デモリール、ポートフォリオ)など。エフェクト以外の作品可。

    Email:dfjinji@dfx.co.jp (件名を「FX養成講座申込」としてご送付ください)
    ※3MB以上のデータを送信される場合は、ご自身のサーバーにアップロードしていただくか、動画共有サイトやデータ転送サービス等をご利用ください。

    郵送先:
    〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町9-8 KN渋谷3ビル3F
    (株)デジタル・フロンティア 「エフェクトアーティスト養成講座募集」係 宛
    ※応募書類については返却いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

    ● 選考方法
    書類・作品選考の上、通過者のみ以下の日程で面接を行います。
    面接日程:9月25日(火) 16時~19時(1人15分程度)。※予備日:9月26日(水) 16時~19時

    ● 募集人数
    最大4名(最少開講人数2名)
    ※受講者数が最少開講人数に達しない場合、開講日程等の見直しを行います。
    ※定員に達し次第、募集は終了いたします。

    ● 募集期間
    2018年9月19日(水)まで(郵送応募書類当日必着)

    ● 参加費用
    無料(会場までの交通費等は各自ご負担ください)

    ● ご参加にあたっての留意点
    実習に必要なPC等の環境は当社にてご用意いたします。個人のマシン等のお持ち込みはご遠慮いただいております。また、講義で使用したデータおよびテキストの持ち出しもできません。ご了承ください。

    【お問い合わせ】
    (株)デジタル・フロンティア エフェクトアーティスト養成講座担当
    Email: dfjinji@dfx.co.jp
    TEL: (03) 6855-7821

    Information

    2018/07/20

    8月13日(月)特別休業日のお知らせ

    拝啓 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

    誠に勝手ではございますが、弊社は2018年8月13日(月)を特別休業日とさせていただきます。
    ご迷惑をお掛けいたしますが、何とぞご了承賜りますようお願い申し上げます。
    なお、翌8月14日(火)から通常通り営業いたします。

    敬具

    Information

    2018/07/06

    第四回エフェクトアーティスト養成講座 受講生募集!
    ※募集終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

    第一線で活躍するDFエフェクトチームが、少人数制クラスできめ細かく指導!

    昨年ご好評いただいたエフェクトアーティスト養成講座の第四回目を開催することになりました。今回も将来当社エフェクトチームの中核を担っていただけるような人材を育成すべく全力指導いたします! エフェクト制作に興味はありつつ学ぶ場を見つけられなかった方、より実践的なエフェクト制作を身に付けたいという方のご応募をお待ちしております。

    【講座概要】
    ● 開講スケジュール
    2018年8月2日(木)オリエンテーション
    2018年8月7日(火)~毎週火、木曜日16時~19時(1回3時間)。全8回(1カ月間)。

    ● 会場
    (株)デジタル・フロンティア 本社(東京都渋谷区桜丘町9-8 KN渋谷3ビル 3F)

    ● 講義内容
    Maya, Houdiniエフェクト基礎
    ショットワーク基礎
    ※原則として講義の前半はハンズオン、後半は実習を行います。

    ● カリキュラム(予定)
    第1回(8/7)、第2回(8/9):Mayaエフェクト入門
    第3回(8/14)、第4回(8/16):Houdiniエフェクト入門
    第5回(8/21)、第6回(8/23)、第7回(8/28):実践
    第8回(8/30):総括

    【募集要項】
    ● 応募資格
    ・選考面接および講義にスケジュール通り参加できる方
    ・MayaおよびAfter Effectsの基本操作を習得済みの方
    ・日本語でスムーズにコミュニケーションがとれる方
    ・当社でエフェクトアーティストとして勤務を検討できる方
    ※本講座への参加は、当社への入社をお約束するものではありません。

    ● 応募方法
    以下のものをメールまたは郵送にて、下記までお送りください。

    ・応募フォーム(ダウンロードはこちら
    ・過去に作成した作品(デモリール、ポートフォリオ)など。エフェクト以外の作品可。

    Email:dfjinji@dfx.co.jp (件名を「FX養成講座申込」としてご送付ください)
    ※3MB以上のデータを送信される場合は、ご自身のサーバーにアップロードしていただくか、動画共有サイトやデータ転送サービス等をご利用ください。

    郵送先:
    〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町9-8 KN渋谷3ビル3F
    (株)デジタル・フロンティア 「エフェクトアーティスト養成講座募集」係 宛
    ※応募書類については返却いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

    ● 選考方法
    書類・作品選考の上、通過者のみ以下の日程で面接を行います。
    面接日程:7月26日(木) 16時~19時(1人15分程度)。※予備日:7月27日(金) 16時~19時

    ● 募集人数
    最大4名(最少開講人数2名)
    ※受講者数が最少開講人数に達しない場合、開講日程等の見直しを行います。
    ※定員に達し次第、募集は終了いたします。

    ● 募集期間
    2018年7月22日(日)まで(郵送応募書類当日必着)

    ● 参加費用
    無料(会場までの交通費等は各自ご負担ください)

    ● ご参加にあたっての留意点
    実習に必要なPC等の環境は当社にてご用意いたします。個人のマシン等のお持ち込みはご遠慮いただいております。また、講義で使用したデータおよびテキストの持ち出しもできません。ご了承ください。

    【お問い合わせ】
    (株)デジタル・フロンティア エフェクトアーティスト養成講座担当
    Email: dfjinji@dfx.co.jp
    TEL: (03) 6855-7821

    Information

    2018/05/15

    CAREERS"PM職"を更新しました!

    CAREERSの「プロダクションマネージャー」募集に、2019年度新卒採用の情報を公開しました。
    ※2019新卒のエントリーは終了いたしました。

    Press release

    2018/3/19

    “DIGITAL HUMAN”技術を公開!

    今は亡き名優の新作映画制作が可能に!!
    株式会社デジタル・フロンティア(以下「DF」)は、実写映像の頭部のみをCGに置き換える新技術“DIGITAL HUMAN”の実用化が可能になったことを公表いたしました。本技術の実用化に向けた企画第一弾として、日本を代表する名優故・勝新太郎氏の『座頭市』を取り上げました。この技術は、本年4月20日公開の映画『いぬやしき』にも活かされ、主人公を演じる木梨憲武さんの頭部制作に用いられております。

    【座頭市Ø(ゼロ)】
    勝新太郎氏の『座頭市』の新作がSFアクションだったら、というコンセプトの下、DFが実写映画として企画。盲目の刺客と姿を消せる鬼の死闘を描く。
    公式Twitter:座頭市0(@zatoichizero)
    公式YouTubeチャンネルはこちら

    プレスリリースはこちらから

    Information

    2018/2/9

    大阪事務所移転のお知らせ

    拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
    さて、この度弊社は大阪オフィスを下記に移転することとなりましたので、ご案内申し上げます。 新しい環境の下、大阪スタッフ一同一層の熱意を持って業務に臨み、皆様のご期待に添えるよう精進して参ります。
    今後とも倍旧のお引き立てを賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

    新大阪事務所在地 〒541-0059 大阪府大阪市中央区博労町4-3-2 オーツグランドビル 4階
    電話番号 06- 6556-6822(変更ございません)
    業務開始日 平成30年2月13日(火)より

    2017

    Information

    2017/12/28

    年末年始休業のお知らせ

    2017年も大変お世話になりました。当社は12月29日(金)から年明け1月4日(木)までお休みを頂きます。
    新年の業務開始日は1月5日(金)です。2018年も何卒宜しくお願い申し上げます。

    Information

    2017/07/04

    第三回エフェクトアーティスト養成講座 受講生募集!
    ※募集終了しました。たくさんのご応募どうもありがとうございました。

    第一線で活躍するDFエフェクトチームが、少人数制クラスできめ細かく指導!

    将来当社エフェクトチームの中核を担う人材育成の一環として行っているエフェクトアーティスト養成講座の第三回目を開催することになりました。これまで2017年4月に第一回を、6月に第二回を開講し、受講生の皆様から高い評価を頂いております。 今回も、エフェクト制作に興味はありつつ学ぶ場を見つけられなかった方々、より実践的なエフェクト作成方法を身に付けたいという意欲あふれる方々のご応募をお待ちしております。

    【講座概要】
    ● 開講スケジュール
    2017年8月3日(木)オリエンテーション
    2017年8月8日(火)~毎週火、木曜日16時~19時(1回3時間)。全8回(1カ月間)。

    ● 会場
    (株)デジタル・フロンティア 本社(東京都渋谷区桜丘町9-8 KN渋谷3ビル 3F)

    ● 講義内容
    Maya, Houdiniエフェクト基礎
    ショットワーク基礎
    ※原則として講義の前半はハンズオン、後半は実習を行います。

    ● カリキュラム(予定)
    第1回(8/8)、第2回(8/10):Mayaエフェクト入門
    第3回(8/15)、第4回(8/17):Houdiniエフェクト入門
    第5回(8/22)、第6回(8/24)、第7回(8/29):実践
    第8回(8/31):総括

    【募集要項】
    ● 応募資格
    ・選考面接および講義にスケジュール通り参加できる方
    ・MayaおよびAfter Effectsの基本操作を習得済みの方
    ・日本語でスムーズにコミュニケーションがとれる方
    ・当社でエフェクトアーティストとしての勤務を検討されている方
    ※本講座への参加は、当社への入社をお約束するものではありません。

    ● 応募方法
    以下のものをメールまたは郵送にて、下記までお送りください。

    ・応募フォーム(ダウンロードはこちら
    ・過去に作成した作品(デモリール、ポートフォリオ)など。エフェクト以外の作品可。

    Email:dfjinji@dfx.co.jp (件名を「FX養成講座申込」としてご送付ください)
    ※3MB以上のデータを送信される場合は、ご自身のサーバーにアップロードしていただくか、動画共有サイトやデータ転送サービス等をご利用ください。

    郵送先:
    〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町9-8 KN渋谷3ビル3F
    (株)デジタル・フロンティア 「エフェクトアーティスト養成講座募集」係 宛
    ※応募書類については返却いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

    ● 選考方法
    書類・作品選考の上、通過者のみ以下の日程で面接を行います。
    面接日程:7月27日(木) 16時~19時(1人15分程度)。※予備日:7月28日(金) 16時~19時

    ● 募集人数
    最大4名(最少開講人数2名)
    ※受講者数が最少開講人数に達しない場合、開講日程等の見直しを行います。
    ※定員に達し次第、募集は終了いたします。

    ● 募集期間
    2017年7月23日(日)まで(郵送応募書類当日必着)

    ● 参加費用
    無料(会場までの交通費等は各自ご負担ください)

    ● ご参加にあたっての留意点
    実習に必要なPC等の環境は当社にてご用意いたします。個人のマシン等のお持ち込みはご遠慮いただいております。また、講義で使用したデータおよびテキストの持ち出しもできません。ご了承ください。

    【お問い合わせ】
    (株)デジタル・フロンティア エフェクトアーティスト養成講座担当
    Email: dfjinji@dfx.co.jp
    TEL: (03) 6855-7821

    Information

    2017/06/06

    6月22日(木)特別休業日に関するお知らせ

    拝啓 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

    誠に勝手ではございますが、弊社は2017年6月22日(木)を特別休業日とさせていただきます。
    ご迷惑をお掛けいたしますが、何とぞご理解、ご了承のほどお願い申し上げます。
    なお、翌6月23日(金)は、通常通り営業いたします。

    敬具

    Information

    2017/04/28

    第二回エフェクトアーティスト養成講座 受講生募集!
    ※募集終了しました。たくさんのご応募どうもありがとうございました。

    第一線で活躍するDFエフェクトチームが、少人数制クラスできめ細かく指導!

    デジタル・フロンティアでは、将来当社エフェクトチームの中核を担う人材を育成する一環として、エフェクトアーティスト養成講座を行っています。 2017年4月に第一回目を開講し、今回は第二回目の募集となります。 これまでエフェクト制作に興味はありつつ、学ぶ場を見つけられなかった方々、より実践的なエフェクト作成方法を身に付けたい方々のご応募をお待ちしております。

    【講座概要】
    ● 開講スケジュール
    2017年5月30日(火)オリエンテーション
    2017年6月1日(木)~毎週火、木曜日16時~19時(1回3時間)。全8回(1カ月間)。
    ※6月22日(木)は社休日のため休講となります。

    ● 会場
    (株)デジタル・フロンティア 本社(東京都渋谷区桜丘町9-8 KN渋谷3ビル 3F)

    ● 講義内容
    Maya, Houdiniエフェクト基礎
    ショットワーク基礎
    ※原則として講義の前半はハンズオン、後半は実習を行います。

    ● カリキュラム(予定)
    第1回(6/1)、第2回(6/6):Mayaエフェクト入門
    第3回(6/8)、第4回(6/13):Houdiniエフェクト入門
    第5回(6/15)、第6回(6/20)、第7回(6/27):実践
    第8回(6/29):総括

    【募集要項】
    ● 応募資格
    ・開講スケジュール通り講義に参加できる方
    ・MayaおよびAfter Effectsの基本操作ができる方
    ・日本語でスムーズにコミュニケーションがとれる方
    ・当社でエフェクトアーティストとしての勤務を検討されている方
    ※本講座への参加は、当社への入社をお約束するものではありません。

    ● 応募方法
    以下のものをメールまたは郵送にて、下記までお送りください。

    ・応募フォーム(ダウンロードはこちら
    ・過去に作成した作品(デモリール、ポートフォリオ)など。エフェクト以外の作品可。

    Email:dfjinji@dfx.co.jp (件名を「FX養成講座申込」としてご送付ください)
    ※3MB以上のデータを送信される場合は、ご自身のサーバーにアップロードしていただくか、動画共有サイトやデータ転送サービス等をご利用ください。

    郵送先:
    〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町9-8 KN渋谷3ビル3F
    (株)デジタル・フロンティア 「エフェクトアーティスト養成講座募集」係 宛
    ※応募書類については返却いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

    ● 選考方法
    書類・作品選考の上、面接し決定いたします。

    ● 募集人数
    最大4名(最少開講人数2名)
    ※受講者数が最少開講人数に達しない場合、開講日程等の見直しを行います。
    ※定員に達し次第、募集は終了いたします。

    ● 募集期間
    2017年5月14日(日)まで(郵送応募書類当日消印有効)

    ● 参加費用
    無料(会場までの交通費等は各自ご負担ください)

    ● ご参加にあたっての留意点
    実習に必要なPC等の環境は当社にてご用意いたします。個人のマシン等のお持ち込みはご遠慮いただいております。また、講義で使用したデータおよびテキストの持ち出しもできません。ご了承ください。

    【お問い合わせ】
    (株)デジタル・フロンティア エフェクトアーティスト養成講座担当
    Email: dfjinji@dfx.co.jp
    TEL: (03) 6855-7821

    Information

    2017/04/28

    CG&映像の専門情報サイト『CGWORLD.jp』にて、当社・豊嶋勇作専務取締役のインタビュー記事が公開されました!

    昨年末に頂いた「第2回CGWORLD AWARDS」大賞受賞記念インタビュー。豊嶋が、昨年DFが手掛けた大作の制作裏話から、DFの未来像まで踏み込んで語っています。是非ご一読下さい!

    Information

    2017/03/16

    アニメ映画『おおかみこどもの雨と雪』3度目の地上波TV放送決定!

    当社がCGパート制作を担当した細田守監督の大ヒット作『おおかみこどもの雨と雪』が3月24日(金)の21:00より、日本テレビ系「金曜ロードSHOW」に帰ってきます。放送時間を25分拡大し、本編ノーカットでの放送です。
    放送に先立って、23日(木)24:59より日テレプッシュ(関東ローカル)「『おおかみこどもの雨と雪』放送直前細田守監督直撃SP!」30分新特番も放送予定。また、24日(金)20:00からLINE LIVEの生配信も決定しています。その他、23日、24日には情報番組にて細田監督のインタビュー等も放送される予定です。放送中のデジタル企画も予定されていますので、是非大切な方と一緒にお楽しみ下さい。

    Information

    2017/03/01

    フル3DCGアニメーション『Infini-T Force』10月放送開始!

    かねてよりフル3DCGプロジェクトが進行していた『Infini-T Force』に関する続報が発表されました。本年10月より、TVアニメシリーズとして日本テレビにて放送されます。デジタル・フロンティアは3DCGでの映像制作全般を担当しています。

    プロジェクトの全貌は徐々に明らかになって行きます。今後の展開にご期待下さい!!

    Information

    2017/02/24

    エフェクトアーティスト養成講座 受講生募集!
    ※募集終了しました。たくさんのご応募どうもありがとうございました。

    第一線で活躍するDFエフェクトチームが、少人数制クラスできめ細かく指導!

    デジタル・フロンティアでは、将来当社エフェクトチームの中核を担う人材を育成する一環として、エフェクトアーティスト養成講座を開講いたします。 これまでエフェクト制作に興味はありつつ、学ぶ場を見つけられなかった方々、より実践的なエフェクト作成方法を身に付けたい方々のご応募をお待ちしております。

    【講座概要】
    ● 開講スケジュール
    2017年3月30日(木)オリエンテーション
    2017年4月4日(火)~毎週火、木曜日16時~19時(1回3時間)。全8回(1カ月間)。

    ● 会場
    (株)デジタル・フロンティア 本社(東京都渋谷区桜丘町9-8 KN渋谷3ビル 3F)

    ● 講義内容
    Maya, Houdiniエフェクト基礎
    ショットワーク基礎
    ※原則として講義の前半はハンズオン、後半は実習を行います。

    ● カリキュラム(予定)
    第1回(4/4)、第2回(4/6):Mayaエフェクト入門
    第3回(4/11)、第4回(4/13):Houdiniエフェクト入門
    第5回(4/18)、第6回(4/20)、第7回(4/25):実践
    第8回(4/27):総括

    【募集要項】
    ● 応募資格
    ・開講スケジュール通り講義に参加できる方
    ・Mayaの基本操作ができる方
    ・日本語でスムーズにコミュニケーションがとれる方
    ・当社での勤務を検討されている方
    ※本講座への参加は、当社への入社をお約束するものではありません。

    ● 応募方法
    以下のものをメールまたは郵送にて、下記までお送りください。

    ・応募フォーム(ダウンロードはこちら
    ・過去に作成した作品(デモリール、ポートフォリオ)など。エフェクト以外の作品可。

    Email:dfjinji@dfx.co.jp (件名を「FX養成講座申込」としてご送付ください)
    ※3MB以上のデータを送信される場合は、ご自身のサーバーにアップロードしていただくか、動画共有サイトやデータ転送サービス等をご利用ください。

    郵送先:
    〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町9-8 KN渋谷3ビル3F
    (株)デジタル・フロンティア 「エフェクトアーティスト養成講座募集」係 宛
    ※応募書類については返却いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

    ● 選考方法
    書類・作品選考の上、面接し決定いたします。

    ● 募集人数
    最大4名(最少開講人数2名)
    ※受講者数が最少開講人数に達しない場合、開講日程等の見直しを行います。
    ※定員に達し次第、募集は終了いたします。

    ● 募集期間
    2017年3月17日(金)まで(郵送応募書類当日必着)

    ● 参加費用
    無料(会場までの交通費等は各自ご負担ください)

    ● ご参加にあたっての留意点
    実習に必要なPC等の環境は当社にてご用意いたします。個人のマシン等のお持ち込みはご遠慮いただいております。ご了承ください。

    【お問い合わせ】
    (株)デジタル・フロンティア エフェクトアーティスト養成講座担当
    Email: dfjinji@dfx.co.jp
    TEL: (03) 6855-7821

    Information

    2017/02/08

    オタクカルチャー専門WEBマガジン『Nizista』にて、当社・豊嶋勇作専務取締役のインタビュー記事が公開されました!

    初期の代表作『Appleseed』の制作秘話を軸に、当社のこれまでの歩みが語られています。非常に良質な記事ですので、是非ご一読下さい!

    2016

    Press release

    2016/12/27

    第2回CGWORLD大賞で当社及び当社がCG制作を担当した『GANTZ:O』が大賞&作品賞(CGアニメ部門)をダブル受賞しました!

    当社は、2016年12月26日に発表された第2回CGWORLD AWARDS (主催:『CGWORLD』編集部)において、全編の制作を行ったフル3DCG映画『GANTZ:O』で作品賞CGアニメ部門を、そして年間を通じ数々の大作を手掛け、日本のCG・VFX表現の発展に貢献したことを評価され、当社が栄えある大賞を受賞しました!

    Information

    2016/12/22

    当社がCG制作を担当した『GANTZ:O』のエフェクトリールを公開しました!

    当社エフェクトチームの高い技術力を、是非以下のリンクからご確認下さい。

    また、2017年も大型案件多数につき、CG制作部エフェクト室では人材を募集しております。
    詳細はCAREERSページをご覧下さい。

    Information

    2016/12/22

    年末年始休業のお知らせ

    2016年も大変お世話になりました。当社は12月29日(木)から年明け1月4日(水)までお休みを頂きます。新年の業務開始日は1月5日(木)です。2017年も何卒宜しくお願い申し上げます。

    Information

    2016/12/16

    CAREERSに「【開発室】パイプラインエンジニア」募集を追加しました!

    CG制作部開発室の募集に、新たに「パイプラインエンジニア」が加わりました。
    CAREERSページをご確認下さい。

    Information

    2016/12/13

    当社および制作に関わった作品が第2回「CGWORLD AWARDS」3部門にノミネートされました!

    ノミネートされた部門および作品は以下の通りです。

    ●大賞
    株式会社デジタル・フロンティア

    ●作品賞 実写VFX部門
    映画『アイアムアヒーロー』
    映画『DEATH NOTE Light up the NEW world』

    ●作品賞 CGアニメーション部門
    映画『GANTZ:O』

    Information

    2016/12/12

    YouTubeにて公開中!PPAPリュークver.の視聴回数が2,000万回を突破しました!!

    11月1日にYouTubeに公開された「PPAP(Pen-Pineapple-Apple-Pen)ペンパイナッポーアッポーペン/ Ryuk(死神リューク) feat.PIKOTARO(ピコ太郎)」。ひと月半も経たないうちに、視聴回数が2,000万回を超えました! まだ見ていない、という方は下のリンクから是非どうぞ!!

    Information

    2016/11/28

    当社会社案内・スタジオ案内の中国語版を公開しました!

    言語選択ボタンに中国語を追加。当社会社案内及びモーションキャプチャースタジオ案内中国語版(簡体字)をダウンロードして頂けるようになりました。ご入用の際は是非ご利用下さい。

    Information

    2016/11/09

    話題沸騰中! 映画『デスノート Light up the NEW world』のCG MAKING記事ができました!

    2006年の映画版2部作から10年。死神キャラクターはどうリ・デザインされ、どう生まれ変わったのか!? 今回は“キャラクターのリ・イマジネーション”をテーマに、美大卒のライター黒住光氏が、当社コンセプト・アーティストとキャラデザイナーたちに鋭く切り込んでいます!
    リュークの最初期のコンセプト・アートも堂々公開! 是非お楽しみ下さい!!

    Information

    2016/10/27

    映画『デスノート Light up the NEW world』、10月29日(土)全国ロードショー!

    デジタル・フロンティアが死神CG制作を担当しました
    映画『デスノート Light up the NEW world』、いよいよ10月29日(土)より
    全国ロードショー!
    本ウェブサイトでのCG MAKING記事も近日公開予定です!お楽しみに!!

    Information

    2016/10/21

    映画『金メダル男』、10月22日(土)全国ロードショー!

    デジタル・フロンティアが制作プロダクション業務を担当しました
    映画『金メダル男』、いよいよ10月22日(土)より全国ロードショー!

    Information

    2016/10/12

    DFウェブサイトが新しくなりました!

    10月より当社ウェブサイトをリニューアルしました。
    新ウェブサイトではPC、スマートフォン、タブレットなど、あらゆるデバイスに最適化表示されるレスポンシブデザインを採用。
    全面的にデザインを一新し、より読みやすく、快適にご覧頂けるサイトに生まれ変わりました。
    当サイトのイチオシコーナー・CG MAKINGや人気のDF TALKに加え、当社ディレクター陣、デザイナー&制作スタッフのONとOFFがわかるPEOPLEページもパワーアップ!

    盛りだくさんの当社ウェブサイトを、今後とも何卒宜しくお願い致します。

    Information

    2016/10/12

    当社所属ディレクター・川村泰監督デビュー作『GANTZ:O』のCG MAKING記事ができました!

    川村泰監督への単独インタビューに加え、メインスタッフのざっくばらんな制作裏話が満載!!
    今回は“映画”という切り口で、雑誌「Tarzan」の映画コーナー等でも活躍中のライター黒住光氏に取材&執筆して頂きました。
    CGに詳しい方も詳しくない方も楽しんで頂ける記事となっております。
    ここでしか読めない、映画『GANTZ:O』のメイキング記事を是非ご堪能下さい。

    Information

    2016/5/20

    映画『アイアムアヒーロー』のCG MAKING記事ができました!

    2015~2016年の世界三大ファンタスティック映画祭でマルチ受賞を達成した映画『アイアムアヒーロー』のCGメイキング記事を弊社サイトにアップいたしました!

    弊社ディレクター、アーティストにインタビューした、ここでしか読めないメイキング記事です。

    是非ご確認ください!

    Information

    2016/4/12

    ゲームアプリ『ポケモンコマスター』オープニングムービー公開中

    DFがオープニングムービーの制作を行いましたiOS/Andoroid端末向けゲームアプリ『ポケモンコマスター』。
    動画が公開されております。ぜひご覧ください!

    【公式】ポケモンコマスター 2016年春、始動。
    https://www.youtube.com/watch?v=KFNP3uG0_Jc

    Information

    2016/4/4

    映画『太陽』、4月23日(土)全国ロードショー!

    デジタル・フロンティアが制作プロダクション業務を担当しました、映画『太陽』
    いよいよ4月23日(土)より全国ロードショー!

    Information

    2016/3/16

    映画『アイアムアヒーロー』、4月23日(土)全国ロードショー!

    デジタル・フロンティアがVFX制作を担当しました、映画『アイアムアヒーロー』
    いよいよ4月23日(土)より全国ロードショー!

    Information

    2016/3/8

    dTVオリジナル作品『裏切りの街』、2月1日(月)配信スタート!

    デジタル・フロンティアが制作プロダクション業務を行った
    dTVオリジナル作品『裏切りの街』が、2月1日(月)より好評配信中!!

    Information

    2016/3/4

    映画『桜ノ雨』、3月5日(土)全国ロードショー!

    デジタル・フロンティアが制作プロダクション業務を担当した映画『桜ノ雨』、いよいよ3月5日(土)より全国ロードショー!

    Information

    2016/3/3

    【お知らせ】2017年度 卒採用スタート!

    デジタル・フロンティアでは、2017年度新卒採用の募集を開始しております!
    進行管理職をご希望の方には、会社説明会への参加を必須とさせていただいておりますので、下記のリンクより、エントリー&ご予約をお願い致します。
    詳しい情報は、マイナビ2017をご確認ください!

    2015

    Information

    2015/9/11

    映画「バケモノの子」のCGメイキング記事ができました!

    絶賛上映中の長編アニメーション映画「バケモノの子」のCGメイキング記事をアップいたしました!

    エンドロールに名を連ねた各ユニットのリーダーから、思い出に残るシーンを基に、ここでしか語れない作業裏の話が盛りだくさんです。すでに映画をご覧になった方も、これから観に行く予定の方も楽しめる内容となっております!ぜひ!

    Information

    2015/8/7

    ドラマ「デスノート」のCGメイキング記事ができました!

    デジタル・フロンティアが死神CG制作を担当しておりますドラマ「デスノート」。

    弊社プロデューサー、ディレクター、アーティストにインタビューした、ここだけのメイキング記事ができました。リアルタイムエンジン「Unreal Engine 4 」をどのように使って、毎週のドラマで死神を動かしているのか。是非ご確認ください!

    Information

    2015/7/7

    映画『バケモノの子』、7月11日(土)全国ロードショー!

    『サマーウォーズ』、『おおかみこどもの雨と雪』を手掛けた細田守監督待望の最新作。デジタル・フロンティアでは過去2作品に続き、今作もCG制作を担当させていただきました。

    『バケモノの子』7月11日(土)より公開です!

    Information

    2015/7/3

    7/5(日)夜10時より、ドラマ「デスノート」が始まります!

    2006年の映画化では弊社がVFXを制作した「デスノート」。新たな設定で連続ドラマ化されます。

    今回のTVドラマ版では、弊社はリュークとレムの死神CG制作を担当しています。

    7/5(日)夜10時より、初回は30分拡大での放送です。ぜひ、ご覧ください!

    Information

    2015/6/29

    映画『青鬼 ver.2.0』、7月4日(土)全国ロードショー!

    デジタル・フロンティアが制作プロダクションを担当しました、映画『青鬼 ver.2.0』いよいよ7月4日(土)より全国ロードショー!

    弊社ディレクターの前川英章が監督を務めました!

    Information

    2015/6/22

    映画『ストレイヤーズ・クロニクル』、6月27日(土)全国ロードショー!

    デジタル・フロンティアがVFXを担当しました、映画『ストレイヤーズ・クロニクル』6月27日(土)より新宿ピカデリー他全国246館にて公開いたします!

    Information

    2015/6/2

    モーション制作セミナーのご紹介(終了しました)

    今月6月11日(木)に開かれます、ダイキン工業株式会社様主催のモーション制作セミナーに弊社から藤松・矢舩が登壇させていただきます。すでに満席となってしまっていますが、キャンセル待ちは受け付け中です。

    ご興味ある方は是非、以下のサイトをご確認ください。

    2014

    Information

    2014/12/4

    Panasonic 4Kプロモーション映像「リベラシオン」Youtubeアップ

    Panasonic 4Kプロモーション映像「リベラシオン」
    Youtubeリンク(https://www.youtube.com/watch?v=lIIbAMRMzrI

    4Kグッドプラクティスアワード2014受賞!
    http://i3ds.jp/3du-j/2014.html

    Best “4K Advertising”2015受賞!
    International 3D & Advanced Imaging Society (U.S.A)
    http://www.businesswire.ca/news/ca-en/20150128006553/en/International-3D-Advanced-Imaging-Society-Bestows-23

    公式コンテンツとしては初となる4Kハイスピード撮影をベースに躍動的なCG表現を融合させた4K60Pのプロモーション映像作品。

    企画からキャスティング、衣装、撮影、編集、CGワーク、音楽をすべて担当。

    <「リベラシオン」制作スタッフ >
    製作=パナソニック+パナソニック映像
    A&P=リトルミラクル/オレンジプロダクション+デジタル・フロンティア
    Pr=井筒亮太 Dir=橋本大佑 Technical Dir+Colorist=渡辺伸次 DP=鈴木孝俊 Gaffer=東田保志 Haute couture designer=照井智己 HM=宮本由樹 CG Dir+ED=守屋雄介 CG=津田晃暢 Shooting Technical Coordinator=澤村厚志 M=益田泰地 Choreographer =佐藤浩希 Dancer =工藤朋子 Pablo operator=佐藤倫子 Line Pr=渡辺和彦 Shooting Studio=黒澤フィルムスタジオ

    Information

    2014/9/3

    CGムービーパートの制作を担当した動画が公開中!

    DFがCGムービーパートの制作を行いました「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U」。
    制作を担当した動画が続々と公開されております。ぜひご覧ください!

    【スマブラ3DS・WiiU】 忍ぶもの
    https://www.youtube.com/watch?v=BP7cSKsaknU

    【スマブラ3DS・WiiU】 ほうき星の使者
    https://www.youtube.com/watch?v=NsH2U06fE7A

    【スマブラ3DS・WiiU】 ロックマン参戦!
    https://www.youtube.com/watch?v=Y2kREutnkvE

    【スマブラ3DS・WiiU】 未来の大王 ←New!
    https://www.youtube.com/watch?v=UqRYRkc-JFs

    Press release

    2014/7/6

    「Mighty No. 9」のTVアニメシリーズ化が始動!!

    「Mighty No. 9」のTVアニメシリーズ化
    北米最大のアニメコンベンション「Anime Expo2014」にて、稲船敬二氏よりアクションゲーム「Mighty No. 9」のTVアニメシリーズ化の始動が発表されました。 「Mighty No. 9」は、「ロックマン」を世に送り出した稲船敬二氏がクラウドファンディングにて、約400万米ドルもの開発費を調達した、今世界で最も注目されている作品です。 「Mighty No. 9」のTVアニメシリーズは、日本の映像制作会社、株式会社デジタル・フロンティアが企画開発と制作を担当し、全世界におけるTV放送の展開を目指しています。 今後、株式会社デジタル・フロンティアは、全世界において企画に関心のある企業等と積極的に交渉を行っていきます。

    TVアニメシリーズ「Mighty No. 9」のストーリー概要
    戦闘用ロボット「ベック」。世界最強のロボットチーム「マイティ・ナンバーズ」の一員であり、バトル・コロシアムで繰り広げられる格闘大会のために作られたベックだが、残念なことにとても弱い。ある時、謎のロボット・ウィルスが発生し、瞬く間に世界中に蔓延する。ウィルスは人類を滅ぼすようマイティ・ナンバーズを操り、暴走させる。しかし、なぜか感染を免れたロボットが1体だけいた。ベックである。唯一、心という特殊能力を持ったベックは自分の感情と向き合い、心の弱さに打ち勝つことができるのか。そして仲間たちの暴走を止め、人類を救うことができるのか!

    稲船敬二氏の経歴
    株式会社カプコンに入社後、「ロックマン」、「バイオハザード2」、「ロスト プラネット」、「デッドライジング」など、世界を舞台にミリオンセラーを連発し、熱心なファンを持つカリスマクリエーター。 2006年にカプコンの常務執行役員に就任、開発チームのマネジメントやコンテンツの統括を行ってきた。その後2010年に独立し、株式会社comceptを立ち上げる。同社においても『SOUL SACRIFICE(ソウル・サクリファイス)』(PlayStation®Vita)、『おっさん☆たまご』(iPhone / Androidアプリ 180万ダウンロード突破!)など、独創的な話題作を次々と発表してきた。 2013年9月1日(日本時間)、米国のゲーム展示会Pax Prime2013にて、新作ゲーム『 Mighty No. 9 』プロジェクトを発表し、クラウドファンディングサイトのキックスターターを利用し、募集開始後、わずか40時間足らずで900,000ドルの開発資金を獲得した。 最終的には、「PayPal(オンライン決済システム)と合わせて支援金額は4,046,579ドルに登り、同様の仕組みを利用したコンシューマーゲームソフトとしては過去最高額の資金を獲得した。

    TVアニメシリーズ「Mighty No. 9」に関するQ&A

    Q1:Game版「Mighty No. 9」のKickstarterで集められた出資金が、TVアニメシリーズに流用されることはないでしょうか?
    A: Game版KickstarterはあくまでもGame「Mighty No. 9」を制作するために集められた出資金ですので、TVアニメシリーズの企画開発に流用されることはありません。TVシリーズ「Mighty No. 9」の制作資金に関しては、現在、別途当社が出資を募っております。

    Q2: TVアニメシリーズの公開時期はいつですか?
    A: 2016年秋の放送開始を目指し、企画開発中です。

    Q3: TVアニメシリーズはどの国で放送されるのですか?
    A: 同時ではありませんが、全世界において順次放送する予定です。

    Q4: 監督、脚本家やショーランナー(製作総指揮者)は決定していますか?
    A: 現在、監督、脚本家およびショーランナーの人選を当社で行っておりますが、決定はしておりません。

    Q5: TVアニメシリーズの出資者を教えて下さい。
    A: 現在当社より、全世界において幅広い業界(放送局、玩具メーカー等のライセンスパートナーおよび投資家等)の方とお話をさせていただいておりますが、引き続きパートナーも募集させていただいております。

    Q6: TVアニメシリーズを制作するのはどこですか?
    A: 当社にて制作を担当させていただきます。ただし、コラボレーションできる制作共同パートナーも募集中です。

    Q7: 声優のキャスティングは既に決定していますか?ティーザー映像でベック役を担当した声優が本編でもベックを演じるのでしょうか。
    A: TVアニメシリーズ本編のキャスティングはすべて未定です。現在当社にて人選を行っております。

    Q8: ティーザー映像のナレーションを担当したナレーターがTVアニメシリーズ本編でもナレーションを担当するのですか。
    A: 彼が心からベックはヒーローになると信じるなら、TVアニメシリーズ本編のナレーションも彼に任せるかも知れません。

    2013

    Information

    2013/10/28

    月刊ヒーローズ「ソードガイ 装刀凱」プロモーションムービー公開中

    月刊ヒーローズで連載中のダークファンタジーマンガ「ソードガイ 装刀凱」の3DCGプロモーションムービーが動画共有サイトYouTubeにて配信中です!
    詳細は作品紹介ページWORKSをご確認下さい。

    Information

    2013/10/24

    TVドラマ「彼岸島」スタート

    デジタル・フロンティアのスタッフがCGIディレクターを務めるTVドラマ「彼岸島」
    10月24日よりスタート致しました。

    <ストーリー>
    吸血鬼ウィルスに感染した人間=吸血鬼が棲む孤島、彼岸島(ひがんじま)。
    踏み入れたら最期、再び生きて還ることはない…。艶(なま)めかしい美女がその地へと妖しく誘い寄せる。
    そして…出口のない地獄絵図の幕が上がる!
    テレビドラマでは、原作ファンも満足いく世界観と人間の恐怖で支配する最強の吸血鬼や巨大化した化け物をリアルに再現しています。

    <放送情報>
    放送開始:2013年10月24日(木)
    TBS・MBS 毎週木曜日、深夜0時58分~ほか

    Information

    2013/9/26

    Siggraph Asia 2013 でDF担当作品をチェック!

    今年、11月に香港で開催されるSiggraph Asiaにてデジタル・フロンティアが担当した作品がなんと3つもAnimation Theaterで上映されます。Siggraph Asiaに行かれる方は是非Animation Theaterにお立ち寄り下さい!

    <上映予定作品>
    バイオハザード ダムネーション
    鉄拳タッグトーナメント2CS版
    おおかみこどもの雨と雪
    ※映画作品についてはメイキング又はダイジェスト映像となります。

    Information

    2013/9/19

    「クリエイティブカンファレンス2013」講演のお知らせ

    今年、第3回目となる「クリエイティブカンファレンス」にて、デジタル・フロンティアのテクニカルディレクター室と開発室のスタッフによる講演を実施いたします!
    モーションキャプチャースタジオを設立依頼、10年以上の経験に裏打ちされたMC技術の真髄や開発室で作られた数多くのインハウスツールたちを時間の許す限りご紹介いたします。
    是非、ご参加ください!
    こちらのイベントは終了いたしました。たくさんのご参加ありがとうございました!

    ■講演スケジュール
    時間:13:00~14:30 (90分) A-1
    講演タイトル:モーキャプ マエストロ Vol.1
    ~ DF流 モーションキャプチャーの真髄とは ~

    時間:16:30~17:30 (60分) B-3
    講演タイトル:DFツール紹介マラソン [2013]

    ※申込受付は9月24日(火)オフィシャルサイトにて開始予定

    Information

    2013/9/2

    映画「バイロケーション」公式仮サイトオープン!

    2014年1月18日(土)に角川シネマ新宿ほか全国で公開される映画「バイロケーション」の公式仮サイトが開設されました。
    デジタル・フロンティアは角川ホラー文庫20周年記念作品となるこの映画の制作を担当しました。

    Information

    2013/7/8

    CGWORLD 180号「Autodesk 2014シリーズ一挙レビュー」特集 社員執筆記事掲載

    8月号のCGWORLDでは、弊社スタッフが執筆したMaya 2014とMotionBuilder 2014のレビュー記事が掲載されています。
    また、こちら「CGプロダクション年鑑2013」の別冊付録付きになっています。
    詳しくは、CGWORLD180号をお買い求めの上ご覧ください。

    2013年7月10日(水)発売 特集:Autodesk 2014シリーズ一挙レビュー

    Information

    2013/6/14

    【放送情報】NHK教育テレビ番組「てれび絵本」

    デジタル・フロンティアが制作した下記の3作品がNHK「てれび絵本」にて放送されます。

    【放送局】NHK教育テレビ(Eテレ)
    【番組名】てれび絵本
    【公式サイト】てれび絵本

    【作品名&放送日時】
    「ピッケとがーこ こんなときどんなかお?」
     2013年6月17日(月)
     午前6:40-6:45 予定

    「ピッケとがーこ こんなときなんていう?」
     2013年6月18日(火)
     午前6:40-6:45 予定

    「ヒッケとがーこ おでかけしよう がーこをさがしに」
     2013年6月19日(水)
     午前6:40-6:45 予定

    Information

    2013/5/31

    『DF SPOTLIGHT』facebookより掲載開始

    日頃、デジタル・フロンティア公式ソーシャルメディアをご覧いただき、ありがとうございます。

    より社内の様子を知って頂ける『DF SPOTLIGHT』の掲載をfacebookページよりスタートいたしました。 デジタル・フロンティアでは今後も多くの方々にご活用いただけるコンテンツを配信して行きたいと思います。 まだ公式facebookページをご覧に頂いていない方もこの機会に是非ファローして頂けたらと思います。 今後もデジタル・フロンティアのソーシャルメディアをよろしくお願いいたします。

    2012

    Information

    2012/11/30

    Autodesk 3Decemberでの講演

    12月7日(金)、Autodesk主催のイベント「Autodesk 3December 2012」にてDF最新作品のメイキングセミナーを行います。なんと、今回は豪華3本立てです!
    こちらのイベントは終了いたしました。たくさんのご参加ありがとうございました!

    DF作品タイトル
    「おおかみこどもの雨と雪」、「鉄拳タッグトーナメント2」、「バイオハザード ダムネーション」
    日 程
    2012年12月 7日(金) 13:00-19:00 (受付開始 12:30)
    会 場
    ラフォーレミュージアム六本木
    〒106-0032 東京都港区六本木1-9-9 六本木ファーストビル B1F
    定 員
    500 名
    費 用
    参加費無料 (事前登録制)
    対 象
    オートデスク、メディア & エンターテインメントの CG ソフトウェア (3ds Max、Maya、Softimage、MotionBuilder、Mudbox) ユーザ。またはその購入検討者。
    最新 CG ツールに興味のある方ならどなたでも。

    この機会にぜひ、ご参加ください。

    Information

    2012/11/30

    海外雑誌「Animania」にてDFインタビュー記事掲載

    海外アニメ雑誌「Animania 10-11/2012」にて「バイオハザード」フルCGシリーズ第2弾となる「バイオハザード ダムネーション」とCG制作を担当したDFディレクター土井淳のインタビュー記事が掲載されました。

    Press release

    2012/10/29

    映画「鉄拳ブラッド・ベンジェンス」ルミエール・ジャンパン・アワード映画部門受賞

    10月25日(木)、日本科学未来館にて、国際3D協会主催のルミエール・ジャパン・アワード2012の授賞式が開催され、DF初の長編立体視作品となった「鉄拳ブラッド・ベンジェンス」が映画部門で受賞しました。

    Information

    2012/8/22

    神戸電子「おおかみこどもの雨と雪」3DCGセミナー

    神戸電子専門学校にて「おおかみこどもの雨と雪」3DCGセミナーを行いました!

    Information

    2012/8/21

    「バイオハザードダムネーション」10月27日(土)公開

    「バイオハザード」シリーズのフルCG長編アニメーション第2弾、「バイオハザードダムネーション」が10月27日(土)新宿ピカデリー他全国にて公開いたします。今回は、3Dでも登場!

    Press release

    2012/7/27

    デジタル・フロンティア台湾、オフィス拡張

    デジタル・フロンティアの子会社デジタル・フロンティア台湾(集拓聖域股份有限公司)が、所属デザイナーの増加に伴い、台北のシリコンバレーとも言える內湖區にあるオフィスビルの賃貸フロア数を拡大しました。DFのフロアは現在、8階と9階です。

    Information

    2012/7/15

    CGWORLD 168号映画「おおかみこどもの雨と雪」メイキング記事掲載

    7/21(土)より全国東宝系にて公開された「おおかみこどもの雨と雪」のCGメイキング記事が紹介されました。
    制作に携わったDFスタッフがCG制作秘話やスタジオ地図とのコラボレーション業務について話しています。

    Information

    2012/7/6

    映画「おおかみこどもの雨と雪」7月21日(土)より全国東宝系ロードショー!

    サマーウォーズから3年ぶりとなる細田守監督による長編オリジナル作品。
    映画「おおかみこどもの雨と雪」7月21日(土)より全国東宝系ロードショーいたします。

    Press release

    2012/5/17

    【NEWS RELEASE】DF・フランス制作会社FORGE共同制作映画を発表

    NEWS RELEASE
    2012年5月17日
    株式会社デジタル・フロンティア

    フランスの鬼才ヤン・クーネン監督(「ドーベルマン」「シャネル&ストラヴィンスキー」)が 初フル3DCGアニメーション映画『Windwalkers: Chronicles of the 34th Horde』を日本の映像制作会社デジタル・フロンティアと共同製作!!

    日本最大規模のCGプロダクション機能を持つ映像制作会社デジタル・フロンティア(本社:東京渋谷区、代表取締役社長:植木英則)が、フランスの制作会社フォージ・アニメーション(英語表記:FORGE ANIMATION、本社:エクス=アン=プロヴァンス、CEO:エルベ・トゥルイエ)並びにコンサルティング会社シブヤ・インターナショナル(本社:ニース、CEO:セドリック・ビスカーイ)と、映画『Windwalkers: Chronicles of the 34th Horde』を共同製作することが発表されました。
    2004年にフランスで発売されるや批評家に絶賛され、2006年のthe Grand Prix de L’Imaginaireを受賞した アラン・ダマジオの小説 「La Horde du Contrevent」を完全フル3DCGアニメーション化。 日本トップクラスのCG技術を誇るデジタル・フロンティアがフランスの才能とコラボレーションし、 今までにない全く新しい世界観を作り上げます。

    あらすじ 風が支配する世界。
    人々は風の猛威に怯え、災害と戦いながら生きている。
    「第34師団」は、風下の村で特殊訓練を受けた戦士たちの中から選抜された、23人の精鋭部隊だ。
    彼らの任務は徒歩で“究極の風上”=アッパーリーチズを目指すこと。
    そこは風の生まれる場所であり、唯一、世界を狂わせるこの風を止めることができる場所なのだ……。

    原作/アラン・ダマジオ著「La Horde du Contrevent」 仏ラ・ヴォルト社刊。著者アラン・ダマジオの2冊目の作品であり、2006年Grand Prix de l’Imaginaireと2006年Le Prix imaginales des Lycéensを受賞。フランス国内で熱狂的なファンを獲得してベストセラーとなり、2011年には文庫化もされた。また、ノルデ社よりイタリア語版も刊行されている。
    ●「ここ数年フランスのSFに欠けていたエクリテュール、野心、奔放さ」[テレラマ、2005年5月]
    ●「『La Horde du Contrevent』は傑作である」[ル・モンド、2004年11月4日]
    ●「実験的な世界観本、野心的で魅力的」[リベラシオン、2004年11月8日]
    ○ヴァージン書店の選ぶ100冊のカルト小説(2009年)
    ○リブロ社の「絶対に避けられない100冊の幻想作品傑作選」
    ○フナック・ガイドによる「絶対に避けて通れない50冊のSF選」
    ○カファール・コスミックの「理想の本棚のファンタジー傑作選20」

    映画「Windwalkers」(ウィンドウォーカーズ)

    原作:アラン・ダマジオ
    脚本:メガリ・エレ
    監督:ヤン・クーネン (「ドーベルマン」「シャネル&ストラヴィンスキー」)
    アートディレクション:マルク・キャロ (「デリカテッセン」「ロスト・チルドレン」)

    Information

    2012/4/15

    CGWORLD165号 HOT STUFF! MOVIE 「ウルトラマンサーガ」リアルタイムイベント記事掲載

    映画「ウルトラマンサーガ」の公開を記念してDFにてリアルタイムイベントを実施。CGWORLD165号にてその様子が紹介されました。

    Information

    2012/1/15

    海外雑誌Animania&Aniwayにて「鉄拳ブラッド・ベンジェンス」を紹介

    海外アニメ雑誌「Animania 12/2011-01/2012」と「Aniway Dec.2011」にて劇場作品「鉄拳ブラッド・ベンジェンス」の監督を務めたDFディレクター毛利陽一へのインタビュー記事が掲載されました。

    2011

    Press release

    2011/12/19

    高速高解像度「3Dスキャナー」導入のお知らせ

    この度、デジタル・フロンティアでは、ヨーロッパ・4DDyanamics社の3Dスキャナーを導入いたしました。

    4ヵ所から被写体の造形とテクスチャを一台のカメラに付き0.24秒の速さで撮影。 その後、専用のポストプロセスソフトウェアにおいて分割面のマージ処理が施されます。

    移動組立式なので、屋内であれば、どこでも撮影可能!

    今まで難しいとされていた、複雑な全身スキャンも洋服のシワや柄まで撮影いたします。

    【3D Scanner PV】

    Press release

    2011/12/6

    Fly Studioの株式取得に関するお知らせ

    当社は、平成23年12月1日をもって、以下の会社の株式を取得し、子会社化いたしましたので、お知らせいたします。

    グループ会社の概要

    商号:
    Fly Studio SDN, BHD

    所在地:
    Wisma Glomac 3, Kompleks Kelana Centre Point, Jalan, SS7/19, Kelana Jaya, 47301 Petaling Jaya,Malaysia

    設立日:
    2011年12月1日

    事業内容:
    ゲームムービー、テレビ、CM、映画などのCG制作

    URL:
    http://www.flystudio.com.my/

    Press release

    2011/10/3

    【お知らせ】本社移転のお知らせ

    このたび、デジタルフロンティアは2011年10月15日をもって下記に移転し業務を行うことになりました。
    移転に際し、何かとご迷惑をお掛けすると思いますが、何卒ご高承のうえ、今後もよろしくお願い申し上げます。
    ※現在の電話番号は、2011年10月14日24時をもって不通となります。

    2011年10月17日(月)午前10時より下記新社屋にて業務開始致します。

    新住所:
    〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町9-8 KN渋谷3ビル3F
    新連絡先:
    TEL 03(6855)7821 FAX 03(6855)7822

    Press release

    2011/8/30

    子会社設立のお知らせ

    2011年7月18日、台湾に子会社を設立いたしました。

    会社名:
    集拓聖域股份有限公司
    Digital Frontier (Taiwan) Inc.

    Information

    2011/8/15

    CGWORLD157号「鉄拳ブラッド・ベンジェンス」特集記事掲載

    CGWORLD157号にてDF初の長編立体視作品「鉄拳ブラッド・ベンジェンス」のメイキング記事が掲載されました。

    Information

    2011/7/19

    「鉄拳ブラッド・ベンジェンス」7月26日に全米でイベント上映決定!

    3DCG立体視アニメーション映画「鉄拳ブラッド・ベンジェンス」が7月26日にアメリカの劇場で上映されます。一夜限りの300館でのイベント上映です。

    Press release

    2011/5/14

    オパキスのプロモーション動画公開!

    改装が完了したDFのモーションキャプチャースタジオ“オパキス”のプロモーション映像が完成しました。オパキスは東京・お台場にあるアジア最大級のモーション・キャプチャースタジオです。このたび高解像度カメラVICON T160を100台導入。フェイシャル・キャプチャースタジオでは同時音声収録が可能となりました。詳細は弊社ウェブサイトをご覧下さい。

    Information

    2011/5/11

    「鉄拳」長編フルCGアニメーション映画が3Dで公開決定!

    本日、中東の都市ドバイにてバンダイナムコゲームス主催プライベートイベント“Step Up Dubai 2011”が行われ、映画「鉄拳」長編フルCGアニメーションが発表されました!デジタル・フロンティアでは今回初めて立体視での映画に挑戦致します。公開は2011年夏を予定しています。

    Information

    2011/3/24

    超新星3D映画

    韓国出身の6人男性ヴォーカル・ダンスグループ「超新星」のライブコンサートが立体視で3月26日から2週間限定で上映します。

    Information

    2011/3/9

    映画「GANTZ PERFECT ANSWER」4月23日(土)全国ロードショー!

    映画「GANTZ」 PART2は4月23日(土)から全国の劇場にてロードショー!
    DFではVFX制作を担当しました。

    Information

    2011/2/3

    映画「GANTZ」が初登場で首位に!

    29日(土)に全国上映された人気漫画が原作のSFアクション映画「GANTZ」が初登場1位に!
    2日間で興収約6億円を上げました。

    Information

    2011/2/1

    CGWORLD151号 HOT STUFF! MOVIE 「GANTZ」メイキング記事掲載

    1/29・4/23(PART2)全国東宝系にて公開された映画「GANTZ」のメイキング記事がCGWORLD151号で紹介されました。
    VFX制作に携わったDFスタッフによるワークフローなどについてお話しました。

    2010

    Press release

    2010/11/2

    キャプチャースタジオ「オパキス」に高解像度カメラVICON T160を100台導入!

    キャプチャースタジオ「オパキス」に高解像度カメラVICON T160を100台導入!2011年1月オープン予定。

    Information

    2010/10/21

    映画「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」、2011年1月22日から全国ロードショー!

    映画「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」、2011年1月22日から全国ロードショー!
    DFでは制作プロダクション業務を担当しました。

    Information

    2010/10/15

    映画「GANTZ」、2011年1月29日・春全国東宝系にてロードショー!

    映画「GANTZ」、2011年1月29日・春全国東宝系にてロードショー!
    DFではVFX制作を担当しました。

    Information

    2010/3/9

    PS3用ゲーム「龍が如く4伝説を継ぐもの」、2010年3月18日発売

    PS3用ゲーム「龍が如く4伝説を継ぐもの」、2010年3月18日発売。
    DFではキャプチャーとシーンエディットを担当しました。

    Information

    2010/3/8

    主婦と生活社・TODAYムック「骨盤調整 カラダ簡単リセット DVDブック」、2010年3月2日発売

    キンチョールのCMでも有名なぺルヴィス・エクササイズの第一人者kyo先生のDVDブック。
    DFでは企画、取材、映像制作を担当しました。

    Information

    2010/3/8

    映画「サマーウォーズ」、第33回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品受賞!

    映画「サマーウォーズ」、第33回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品受賞!

    Information

    2010/3/3

    映画「サマーウォーズ」Blu-ray&DVD、2010年3月3日発売。

    映画「サマーウォーズ」Blu-ray&DVD、2010年3月3日発売。

    Information

    2010/1/28

    長編映画「屍病感染 DEAD RISING」予告篇、WEB配信スタート!

    長編映画「屍病感染 DEAD RISING」予告篇、WEB配信スタート!
    WEB他にて2010年公開予定。